『大耳』の詳細情報

大耳
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 大耳
サブタイトル
著者 [著者区分]岡崎寅雄 [著・文・その他]
出版社 ふらんす堂 レーベル
本体価格
(予定)
2600円 シリーズ
ページ数 200p Cコード 0092
発売予定日 2017-08-15 ジャンル 一般/単行本/日本文学詩歌
ISBN 9784781409764 判型 46
内容紹介
◆第一句集
大耳は父親譲り冷奴

「大耳」だと言われて改めて拝見すると、確かに形の良い立派な耳であった。大きな耳の人は、「細かな事を気にせず大雑把に聞き流す人」でもあるという。まさに岡崎寅雄氏のお人柄そのものと言って良い。
(序より・村上喜代子)

◆収録作品より
葉桜やこんな筈ない逆上がり
水分をこまめにとれよ青蛙
秋暑し円高株安老いの坂
桃の花卒寿白寿の次は何
なんとまあこの字書けぬか冬ざるる
砂日傘足の大小うらおもて
鍋焼の海老の長きは衣ゆゑ
大小豆腐ぷるるぷるるん夏きざす
木漏れ日を縫うて縞蛇そろりそろり
星空へ鳴らしてみようひよんの笛
目次
序・村上喜代子

八十路 11
逆上がり 49
オリーブ油 87
ひよんの笛 123
卒寿 157

あとがき
著者略歴(岡崎寅雄)
一九二六年十一月十三日 新潟県勝木村に生まれる
一九五五年 中央大学経済学部卒業
      在学中吉田精一に師事(古典文学・近代詩)
二〇〇六年 「新宿区俳句連盟」加盟
二〇〇七年 「いには」入会 村上喜代子に師事
二〇一三年 「新宿区俳句連盟」代表
二〇一六年 「いには」同人賞受賞

現在 「いには」同人 俳人協会会員
他の書籍を検索する