『最新の技術と図書館サービス』の詳細情報

最新の技術と図書館サービス
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 最新の技術と図書館サービス
サブタイトル
著者 [著者区分]大串 夏身 [著・文・その他]
出版社 青弓社 レーベル 図書館の最前線 2
本体価格
(予定)
2000円 シリーズ
ページ数 260p Cコード 3300
発売予定日 2007-12-21 ジャンル 専門/全書・双書/総記
ISBN 9784787200365 判型 46
内容紹介
IC技術の発展とその活用は図書館サービスを大きく変えつつある。IC技術を積極的に活用した利用者サービスの実践例として、ICタグ、デジタルレファレンス、情報発信、映像ネットワーク、資料のデジタル化を取り上げ、その可能性を明らかにする。
目次
はじめに 大串夏身

第1章 図書館と情報技術 日高昇治
 1 図書館における情報技術の意義
 2 情報技術の発達の歴史
 3 図書館情報システム
 4 最近の技術動向
 5 情報化が進んだ図書館の事例
 6 図書館の情報技術の未来

第2章 ICタグと図書館 吉田直樹
 1 ICタグの特性
 2 現在の導入状況
 3 図書館に導入する利点
 4 導入における不安点

第3章 図書館の情報発信 福林靖博
 1 「情報発信」の範囲
 2 図書館における情報発信
 3 「情報発信」の先へ

第4章 情報探索と図書館サービス 伊藤民雄/藤倉恵一/高杉幸史
 1 電子図書館
 2 情報探索
 3 図書館利用教育とその実際
 4 図書館利用教育におけるメディアの活用
 5 デジタルレファレンス

第5章 映像ネットワークと図書館 野田幸子
 1 新しい図書館の時代
 2 TRC映像情報net

第6章 資料のデジタル化と図書館 山崎博樹
 1 図書館における資料のデジタル化
 2 デジタル化の技術面
 3 デジタル化資料の提供
 4 作成データの長期保存
 5 図書館資料のデジタル化の課題
著者略歴(大串 夏身)
1948年、東京都生まれ。昭和女子大学大学院生活機構研究科教授兼副図書館長。日本図書館情報学会、日本学校図書館学会、日本図書館協会、比較都市史研究会などの各会員。著書に『図書館の可能性』『チャート式情報アクセスガイド』『文科系学生の情報術』『これからの図書館』『DVD映画で楽しむ世界史』(いずれも青弓社)、『情報を探す技術 捨てる技術』(ダイヤモンド社)、『ある図書館相談係の日記』(日外アソシエーツ)などがある。
他の書籍を検索する