『文化財としての「陵墓」と世界遺産 ~「陵墓限定公開」40周年記念シンポジウム ~ 』の詳細情報

文化財としての「陵墓」と世界遺産
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 文化財としての「陵墓」と世界遺産
サブタイトル 「陵墓限定公開」40周年記念シンポジウム
著者 [著者区分]■「陵墓限定公開」40周年記念シンポジウム実行委員会 [編集]
■中久保 辰夫 [著・文・その他]
■今尾 文昭 [著・文・その他]
■宮川 徏 [著・文・その他]
■岸本 直文 [著・文・その他]
■新納 泉 [著・文・その他]
■滝沢 誠 [著・文・その他]
■福島 幸宏 [著・文・その他]
■高木 博志 [著・文・その他]
出版社 新泉社 レーベル
本体価格
(予定)
2500円 シリーズ
ページ数 216p Cコード 1021
発売予定日 2021-05-07 ジャンル 教養/単行本/日本歴史
ISBN 9784787720252 判型 A5
内容紹介
世界遺産となった百舌鳥・古市古墳群はほとんどが「陵墓」で構成され、公開されていない。その名称も天皇陵古墳として登録されたが、最大の大山古墳は本当に仁徳天皇の墓なのか。世界の墳丘墓の現状なども参考にし、文化財としての「陵墓」をどう保存、整備し、公開へ向けてゆくのかを考える。
目次
「陵墓限定公開」四〇周年を迎えて─あらたな課題を生む世界遺産登録 宮川 徏

Ⅰ基調講演・報告
「陵墓限定公開」四〇年と現状から考える 今尾文昭
 1 現代社会と陵墓
 2 「陵墓限定公開」二〇年シンポジウムから
 3 「陵墓限定公開」三〇年シンポジウムから
 4 昭和天皇の陵墓行幸と科学
 5 今後に向けて

大仙古墳は允恭(倭王済)墓である 岸本直文
 1 大仙古墳の墳丘と出土遺物
 2 倭国王墓と二系列と古市・百舌鳥古墳群の築造順
 3 大仙古墳の年代
 4 大仙古墳の被葬者

副葬品からみた大山古墳─前方部石室出土の甲冑をめぐって 滝沢 誠
 1 大山古墳の副葬品
 2 大山古墳前方部石室出土の甲冑
 3 甲冑から探る大山古墳の年代

世界の墳墓と世界遺産 中久保辰夫
 1 世界の墳墓・墳丘墓
 2 墳丘研究の可能性と課題

調査手法の進展と「陵墓」情報の充実 新納 泉
 1 国土地理院データの利用
 2 大山古墳の設計原理
 3 今後の調査手法

近代天皇制と「陵墓」 高木博志
1 なぜ天皇制は「万世一系」の陵墓の体系が必要なのか
2 世界遺産と「仁徳天皇陵古墳」
3 史実よりも神話や物語

Ⅱ 討論 文化財としての「陵墓」と世界遺産 司会 福島幸宏

Ⅲ 資料
著者略歴(中久保 辰夫)
中久保 辰夫(なかくぼ・たつお) 京都橘大学文学部歴史遺産学科准教授
著者略歴(今尾 文昭)
今尾 文昭(いまお・ふみあき) 関西大学文学部非常勤講師
著者略歴(宮川 徏)
宮川 徏(みやかわ・すすむ) 奈良県立橿原考古学研究所研究顧問
著者略歴(岸本 直文)
岸本 直文(きしもと・なおふみ) 大阪市立大学文学研究科教授
著者略歴(新納 泉)
新納 泉(にいろ・いずみ) 岡山大学名誉教授
著者略歴(滝沢 誠)
滝沢 誠(たきざわ・まこと) 筑波大学人文社会系准教授
著者略歴(福島 幸宏)
福島 幸宏(ふくしま・ひろゆき) 慶應義塾大学文学部准教授
著者略歴(高木 博志)
高木 博志(たかぎ・ひろし) 京都大学人文科学研究所教授
他の書籍を検索する