『喜びへの希望』の詳細情報

喜びへの希望
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 喜びへの希望
サブタイトル
著者 [著者区分]■ジャン・ドリュモー [著・文・その他]
■永見文雄 [翻訳]
■西澤文昭 [翻訳]
出版社 新評論 レーベル 〈楽園の歴史〉
本体価格
(予定)
9000円 シリーズ
ページ数 720p Cコード 0022
発売予定日 2019-06-13 ジャンル 一般/単行本/外国歴史
ISBN 9784794811233 判型 A5
内容紹介
本書は西洋キリスト教文化圏における宗教的心性史研究の最高峰、〈楽園の歴史〉三部作の最終巻にあたる。第Ⅰ巻『地上の楽園』ではキリスト教初期の時代から18世紀まで、西洋の心性と多くの学究が素朴にかつ真剣に挑んできた「地上の楽園探し」(「創世記」のエデンの園はこの世のどこにあるのか)の総体を明らかにした。続く第Ⅱ巻『千年の幸福』では、千年王国論という異端の思想が歴史の伏流として同時に存続し、時代が動くたびにその影響力が突出した形で現れてくることを論証した。
 一方、第Ⅲ巻の本書『幸福への希望』は、天国に幸福を求めた人類の努力とその帰結、すなわち、宗教的心性が各時代の学芸・文化をいかに刺激し発展させてきたのか、またそれらによって生み出された「天国」の形象が近代によっていかに解体されたかをたどる探究の書となった。そもそも、西洋的幸福感を強力に支配してきた天国とはどのように定義されてきたのか。その位置は、形状は、そこに住むのは誰なのかなど、無数の問いに対する回答が彫刻・絵画・音楽・建築物といったさまざまな文物によって提出されてきた。著者ドリュモーは、膨大な一次資料と考証によって「天国」を解き明かすが、31章にわたる長い探究の案内人として彼が選んだのは、15世紀ネーデルラント絵画の鼻祖、ファン・エイク兄弟の手になるゲント〔=ヘント。ベルギー〕の祭壇画(「神秘の子羊」)である。われわれは本書のさまざまな議論をたどった後、「天国」を決定づけたこの奇蹟の作品に立ち返ることを求められ、結論をそこに見出すことになろう。また、天国の形象を作り出したさまざまな文物への精緻な分析に立ち会いながら、「神秘の子羊」に描かれた細部を読み直すことになろう。こうした往還はおそらく、西洋キリスト教文化を支えてきた「人間の営為」そのものの理解へとわれわれを誘うはずである。
 『恐怖心の歴史』(1978年、邦訳1997年)から始まる著者の心性研究のテーマは「恐怖心」から「安心感」、そして「幸福感」へと至るべく構想されていた。本書はまさに、著者が当初より見定めていた宗教的心性史研究の未踏の到達点である。(にしざわ・ふみあき 中世フランス文学)
目次
古代から近代まで、西洋の文物と科学を刺激し続けたキリスト教的「幸福=天国」観の生成と解体。宗教的心性史研究の金字塔。〈楽園の歴史〉Ⅲ(全3巻完結)
著者略歴(ジャン・ドリュモー)
Jean DELUMEAU 1923年フランス・ナント生まれ。フランス歴史学を代表するアナール派第三世代の歴史家。75-94年コレージュ・ド・フランス教授。中世後期から18世紀の宗教的心性史研究の第一人者。その著作は各国語に翻訳され高い評価を得ている。
他の書籍を検索する