『DNSがよくわかる教科書』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル DNSがよくわかる教科書
サブタイトル
著者 [著者区分]株式会社日本レジストリサービス [著・文・その他]
出版社 SBクリエイティブ レーベル
本体価格
(予定)
2200円 シリーズ
ページ数 336p Cコード 0055
発売予定日 2018-11-24 ジャンル 一般/単行本/電子通信
ISBN 9784797394481 判型 A5
内容紹介
やさしく、詳しい。これがDNS入門の決定版!
目次
------------------------------------------------------------
[基礎編]
------------------------------------------------------------
CHAPTER1 DNSが作られた背景
01 IPアドレスと名前の関係
02 IPアドレスと名前の対応管理
03 集中管理から分散管理へ
04 ドメイン名の誕生
05 ドメイン名を使えるようにするために生まれたDNS
06 DNSとレジストリの関係

CHAPTER2 ドメイン名の登録管理の仕組みと管理体制
01 レジストリとは
02 レジストリ・レジストラモデルとレジストラの役割
03 ドメイン名を登録する
04 ドメイン名を使えるようにする
05 ドメイン名のグローバルな管理体制

CHAPTER3 DNSの名前解決
01 名前解決の仕組み
02 名前解決の動作
03 名前解決のために必要なこと
04 名前解決における委任の重要性

CHAPTER4 DNSの構成要素と具体的な動作
01 3種類の構成要素とその役割
02 構成要素の連携による名前解決
03 DNSの処理の効率化と可用性の向上
04 正引きと逆引き

------------------------------------------------------------
[実践編]
------------------------------------------------------------
CHAPTER5 自分のドメイン名を設計する
01 <実践編の読み方> DNSを動かすために必要なこと
02 ドメイン名を設計するための基本的な考え方
03 EXAMPLE社を例にした設計・構築

CHAPTER6 自分のドメイン名を管理する ~権威サーバーの設定
01 ドメイン名の管理者が管理する範囲と権威サーバー
02 権威サーバーの可用性
03 権威サーバーが応答する情報
04 ドメイン名の管理と委任のために設定する情報
05 サービスを提供するために設定する情報
06 リソースレコードを使ってメッセージを伝える
07 リソースレコードセット (RRset)
08 ゾーンファイルへのリソースレコードの設定

CHAPTER7 名前解決サービスを提供する ~フルリゾルバーの設定
01 フルリゾルバーの重要性
02 フルリゾルバーの設置と運用

CHAPTER8 DNSの動作確認
01 DNSの動作確認の基本
02 コマンドラインツール
03 digコマンドを使った動作確認
04 digコマンドの応用 ~フルリゾルバーになって名前解決
05 有用なDNSチェックサイト
06 サーバーの監視

CHAPTER9 DNSに対するサイバー攻撃とその対策
01 対象と手法によるDNS関連攻撃の分類
02 対象と効果による攻撃対策の分類
03 攻撃の影響範囲
04 DNSの特性が攻撃に及ぼす影響
05 代表的な攻撃手法とその概要
06 攻撃への対策

CHAPTER10 よりよいDNS運用のために
01 サーバーの信頼性に関する考慮事項
02 DNSの設定と運用にまつわる潜在的なリスク
03 DNSSECとDNSクッキーの概要

------------------------------------------------------------
[アドバンス編]
------------------------------------------------------------
CHAPTER11 DNSの設定・運用に関するノウハウ
01 <よくあるトラブルと設定ミス> lame delegation
02 <よくあるトラブルと設定ミス> ゾーン転送におけるトラブル
03 <よくあるトラブルと設定ミス> ゾーンファイルのメンテナンスにおけるトラブル
04 <よくあるトラブルと設定ミス> ファイアウォールやOSのアクセス制限におけるトラブル
05 <よくあるトラブルと設定ミス> サーバーの種類とアクセス制限の設定
06 wwwが付かないホスト名の設定方法
07 $TTLを設定する場合の注意点
08 国際化ドメイン名の設定方法
09 応答サイズの大きなDNSメッセージへの対応
10 逆引きDNSの設定

CHAPTER12 権威サーバーの移行(DNSの引っ越し)
01 ホスティング事業者の移行に伴う権威サーバーの移行
02 DNSの引っ越しにおいて考慮すべき項目
03 本来あるべき引っ越し手順
04 権威サーバーと他のサーバーの移行を同時に行う場合

CHAPTER13 DNSSECの仕組み
01 電子署名の仕組みとDNSSECへの適用
02 信頼の連鎖
03 DNSSECで使われる2種類の鍵(KSKとZSK)
04 KSKとZSKを使った署名・検証の流れ
05 DNSSECの不在証明に使われるリソースレコード

CHAPTER14 DNSにおけるプライバシーの概要と実装状況
01 DNSにおけるプライバシー上の懸念点とその解決策
02 QNAME minimisation
03 DNS over TLS
04 DNS over HTTPS
他の書籍を検索する