『高収益民泊の教科書』の詳細情報

高収益民泊の教科書
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 高収益民泊の教科書
サブタイトル
著者 [著者区分]水田佳苗 [著・文・その他]
出版社 秀和システム レーベル
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 272p Cコード 0033
発売予定日 2019-03-15 ジャンル 一般/単行本/経済・財政・統計
ISBN 9784798056067 判型 46
内容紹介
 「民泊を始めてみたけれど、思ったより儲からない」
 「宿の収支が毎月赤字だ」
 「予約が入っても値引き要求がくる」
 「質の悪いお客様にいつも悩まされている」
 「運用代行のプロに任せてもこんな結果だから、もう撤退した方がいいのかもしれない……」
 そんな悩みを抱えていませんか?
 諦めないで! あなたの物件はもっと稼げるようになります。

 自らが経営する民泊で年収2000万円を達成するかたわら、悩めるオーナーのための民泊運営スクールも主催する著者が、「高単価」「高評価」「高リピート」の3高を実現する88のルールを紹介。
・オープン後3か月はできるだけお客様に会いに行く
・電気はすべてLEDにする
・お客様用にストック棚、お掃除道具を用意する
・「宿への思い」をお客様に共有する
・嫌いな顧客は呼ばない
・近隣相場は無視する
・閑散期を味方にする
などなど、今すぐ使えるヒントが満載です。
目次
第1章 コンセプトについてのルール
ルール1 コンセプトは必ず作ろう
ルール2 一番大切なオーナーの特性を活かそう
ルール3 立地や環境を活かそう
ルール4 建物の特徴を活かそう
ルール5 自分にとって親和性の高い層を探ろう
ルール6 明確なコンセプトでお客様の質を一定以上に保とう
ルール7 オンリーワンを目指そう
ルール8 コアターゲットには特別待遇しよう
ルール9 嫌いな顧客は呼ばないと決めよう
ルール10 常にコンセプトの見直しをしよう
ルール11 自分の宿を好きになろう

第2章 運営計画についてのルール
ルール12 高単価の宿にしよう
ルール13 中長期計画から1年・1か月・1泊単価を逆算しよう
ルール14 月別観光客数の増減をチェックしよう
ルール15 世界の休日をチェックしよう
ルール16 国別消費動向を参考にしよう
ルール17 国別休暇期間の長さもチェックしよう
ルール18 近隣相場は無視しよう
ルール19 宿泊料の設定は理想の60%から始めよう
ルール20 オープン半年間はコスパの良さを意識した戦略を
ルール21 計画を立てることで「戦わずして勝つ!」を実践しよう
ルール22 宿の立ち上げに携わってくれた方への恩を忘れないようにしよう

第3章 集客率アップのルール
ルール23 集客率は3ステップで上げていこう
ルール24 プロによる写真撮影で思いを見える形にしよう
ルール25 一目でターゲットがクリックしたくなる写真を使おう
ルール26 一目でターゲットが食いつくタイトルにしよう
ルール27 高評価のレビューで即予約を増やそう
ルール28 オープン半年後は、レビュー評価を最大限に活かそう
ルール29 予約時にも特別待遇をしよう
ルール30 よくある質問をページ備考欄に記載しよう
ルール31 プロフィール設定で、顧客を戦略的に呼び込もう
ルール32 予約率がグッと上がる会話術を学ぼう
ルール33 お客様それぞれに合った話し方をしよう
ルール34 ターゲット用の会話マニュアルを準備しよう
ルール35 適切な返信のタイミングを見極めよう
ルール36 写真は多くても30~40枚程度にしよう

第4章 満足度向上のためのルール
ルール37 主体的な対応をしよう
ルール38 自分の家族に宿泊してもらい改善ポイントを挙げてもらおう
ルール39 オープン後3か月はできるだけお客様に会いに行こう
ルール40 お客様を理解しようと努めよう
ルール41 お客様を質問攻めにしないようにしよう
ルール42 予約された方の評価が上がるように心がけよう
ルール43 ターゲットが喜ぶ備品だけを揃えよう
ルール44 詳細レビューを書いてもらえるようたくさんコミュニケーションを取ろう
ルール45 サービスの先取りで素晴らしい滞在を期待してもらおう
ルール46 家族のように対応しよう
ルール47 要望に応えられない時は誠実に対応しよう
ルール48 要望にはソフトな伝え方で質の高い顧客を囲い込もう
ルール49 施設設備でリピーターを増やそう
ルール50 おもてなしでリピーターを増やそう
ルール51 適度な声がけでおもてなしを感じていただこう
ルール52 宿泊者履歴から傾向を分析しよう
ルール53 近所を実際に散策して良いところを伝えよう
ルール54 お客様が使えるお掃除道具を用意しよう
ルール55 お客様からのプレゼントには、言葉かプレゼントで必ずお礼しよう
ルール56 食事に誘われる関係を目指そう
ルール57 ターゲット層を啓蒙する仕掛けを宿に作ろう
ルール58 レビューからウィークポイントを見つけよう
ルール59 やりがいを持って宿をしよう

第5章 トラブル防止のためのルール
ルール60 トラブルが起きたらまずお客様の安全を確認しよう
ルール61 旅行中に起こりえるトラブルを想定しよう
ルール62 滞在クレームはお客様がくださった改善の機会と捉えよう
ルール63 掃除会社さんとうまく付き合おう
ルール64 ご近所さんとうまく付き合おう
ルール65 人間関係がうまくいかない時は割り切ろう
ルール66 直接予約は慎重に判断しよう
ルール67 電気はすべてLEDにしよう
ルール68 お客様用にストック棚を準備しよう
ルール69 ターゲット以外の顧客が多くなれば、見直しをしよう
ルール70 指摘してくださる方に感謝しよう

第6章 質の高いリピーター獲得のルール
ルール71 「宿への思い」をお客様に共有しよう
ルール72 帰国後にメールをしよう
ルール73 正当なサービスを提供しよう
ルール74 サプライズプレゼントやお土産を渡そう
ルール75 正確な人数で予約するメリットを伝えよう
ルール76 説明文をきちんと読むように促そう
ルール77 注意文より、お客様に望むことを明確に伝えよう
ルール78 お客様へのレビューは甘口で対応しよう
ルール79 宿をより良いものにしよう
ルール80 商品・サービスの先取りで常に新しい宿を目指そう
ルール81 ギブ&ギブしよう

第7章 勝ち残る宿になるルール
ルール82 勝ち残る宿となるために、自分が望むコンセプトを作ろう
ルール83 リピーターが喜ぶ、気軽に予約できるコミュニケーションツールを活用しよう
ルール84 お客様の要望を「自分事」として捉えよう
ルール85 お客様にとって役に立つ存在でいよう
ルール86 閑散期を味方にしよう
ルール87 他に追従せず、自分の決めた道を行こう
ルール88 常に振り返りをして、常により良い宿を目指そう
著者略歴(水田佳苗)
◎高収益民泊アドバイザー。株式会社Link Tree代表取締役社長。
◎1982年京都生まれ。立命館アジア太平洋大学国際経営学部卒業。幼少期から国際交流に興味を持ち、大学時代にはアメリカ・オクラホマへ交換留学。卒業後は広告代理店、外資系企業にて経験を積む。
◎民泊と出会い、最大約20軒の施設を運用。現在は3軒の宿運営に集中し、民泊年収は約2000万円となる。コンセプトを明確に設定することで、「戦わずして勝つ」高収益民泊を指導するスクールを2018年開講。指導3か月目で売上60万円を突破させるなど結果を出している。
他の書籍を検索する