『ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に暮らすための本』の詳細情報

ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に暮らすための本
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に暮らすための本
サブタイトル
著者 [著者区分]村上 由美 [著・文・その他]
出版社 翔泳社 レーベル
本体価格
(予定)
1600円 シリーズ
ページ数 160p Cコード 2036
発売予定日 2018-03-14 ジャンル 実用/単行本/社会
ISBN 9784798154138 判型 B5変形
内容紹介
「わかっているのになぜかできない」ができるようになる!

大人になってから発達障害の症状に悩む人が増加しています。
ここ10年で「発達障害」の知名度が飛躍的に上がったことで、
「もしかして自分も…」と成人になってから気づく人が増えたのが
最大の要因と思われます。

発達障害の人には、「同時並行作業力が弱い」「段取りが取れない」
「ケアレスミスをする」「コミュニケーションが苦手」といった特徴があり、
これらの特徴が日々の暮らしを送ることを阻害しています。

本書では、そうした症状に悩む人のために、上手に日常生活を過ごす方法を解説します。
本書で紹介する解決法は、デジタルを使ったやり方や、100円ショップのアイテムで
実践できる内容など、ちょっとした工夫で実践できるアイデアばかりです。

【本書の特長】
・発達障害の特徴に苦しむ社会人のための暮らしのアイデアを紹介する本
・発達障害の特徴をカバーする暮らしのアイデアが満載で、暮らしづらさが解消できる
・発達障害あるあるの悩み→その原因→具体的な解決アイデアの手順で解説
・PCスキルやメモ・付箋・手帳の使い方など、解決方法に多くのページを割いている

目次
第1章 発達障害は生活障害
・生活の悩み-たとえばこんなこと
・三次元は面倒くさい-段取りや設定の必要性
・仕事との類似点・相違点
・自立へのキーポイント
・パソコン、スマートフォン、インターネットは発達障害者の三種の神器
・ライフスキルとは?

第2章 「時間管理ができない」を何とかしたい
・待ち合わせ時刻によく遅れる
・時間のやりくりがうまくできない
・手帳やスケジュールアプリの使い方がわからない
・身支度に時間がかかる
・毎週のごみ出しを忘れてしまう

第3章 お金の悩みを解決したい
・無駄遣いをしてしまう
・貯金ができない
・急な出費に慌てる
・カードを使いすぎてしまう
・外食費がかさむ
・引き落とし日を忘れて残高不足

第4章 「片付けられない」を何とかしたい
・物をどこに置いたかがわからない
・物をどこに置けばいいかわからない
・物を捨てられない
・ごみの捨て方がわからない
・趣味のものがたまってしまう
・必要なものがすぐ取り出せない

第5章 コミュニケーションの問題を解決したい
・連絡を忘れる
・つい余計なことを言ってしまう
・話し合いが上手くできない
・セールスなどの勧誘によく声を掛けられる
・上手に相談ができない
・恋人ができない

著者略歴(村上 由美)
他の書籍を検索する