『使って遊べる!Scratchおもしろプログラミングレシピ』の詳細情報

使って遊べる!Scratchおもしろプログラミングレシピ
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 使って遊べる!Scratchおもしろプログラミングレシピ
サブタイトル
著者 [著者区分]■倉本 大資 [著・文・その他]
■和田 沙央里 [著・文・その他]
出版社 翔泳社 レーベル ぼうけんキッズ
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 160p Cコード 3055
発売予定日 2019-05-17 ジャンル 専門/単行本/電子通信
ISBN 9784798159850 判型 B5
内容紹介
Scratch3.0で、楽しくプログラミングを学ぼう

Scratchは、米国MITによって開発された教育用プログラミング環境です。2019年1月に3.0にバージョンアップされ、見た目の変更や新機能が追加。スマホやタブレット対応、外部サービスとの連携など、ますます楽しく使いやすくなりました。

この本のテーマは「遊べて使えるScratch」です。福笑いやトントン相撲といった昔ながらのゲームから、イマドキの写真加工風アプリまで、Scratchで再現してみました。紹介するのは全15作品。教育用コンピューター・micro:bitとつなげてあそぶ作品も紹介します。「Scratchでこんなこともできるんだ!」というおどろきがいっぱいです。

この本を書いたのは、長年子どもたちとScratchプログラミングに取り組んできた実力者、倉本大資さんと和田沙央里さん。Scratchプログラミングが初めての人でも大丈夫。つくりながら、プログラミングの基本を学んでいきましょう!

〈ここがポイント!〉
●PCだけでなくスマホ・タブレットならではの作例・micro:bit連携など、Scratch3.0の最新機能を遊びつくせる!
●難易度がさまざまな15作例。Scratchコミュニティでよく見る作品もつくれるかも?
●注目の教育用コンピューター・micro:bitに連携してできる遊びを3作品収録。micro:bitを始めてみたい方にも最適
●遊びながら、プログラミング用語や基本操作が学べる
●共有・リミックスOK! ダウンロードして使えるオリジナル素材つき

〈こんな人におススメ〉
●プログラミングをはじめてみたい人
●親子で一緒に学んでみたい人
●子どもにプログラミングを教えてみたい人
●Scratchを少し触ったことがあるけど、もっと楽しんでみたい人
●Scratchとmicro:bitをつなげてあそびたい人

※対象年齢:11歳~

〈推薦のことば〉

●村井 裕実子 氏(マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ 博士研究員) 「アイデアの幅を広げてくれる、ポップで楽しいあっと驚くようなプロジェクトであふれている本。ここから、あなただけのプロジェクトをはじめましょう」

●阿部 和広 氏(青山学院大学大学院 社会情報学研究科 特任教授)

「この本には、画面の中だけでなく、現実の世界に飛び出したアイデアがのっています。これからの世の中は、中とか外とか気にしなくてよくなるかもしれないですね。そんな新しい世界で暮らすための良いガイドになるでしょう」

目次
■0 Scratchを使う準備をしよう
 ・Scratchのサイトにアクセスしよう
 ・Scratchのアカウントを作成しよう

■1 プレゼントを贈ろう
 1-1 手づくりメッセージカード
 1-2 ケーキシミュレーター
 1-3 誕生日ボイスメッセージ
 1-4 ラッピング用包装紙

■2 便利なツールをつくろう
 2-1 みんなで使える伝言メモ
 2-2 お料理レシピブック
 2-3 おもしろ写真加工アプリ
 2-4 スコアボード

■3 テーブルゲームであそぼう
 3-1 Scratch福笑い
 3-2 2人でハマる!○×ゲーム
 3-3 ハラハラ危機一髪ゲーム
 3-4 指のバトル!トントン相撲

■4 micro:bitとつなげよう
 4-0 Scratchとmicro:bitをつなげよう
 4-1 フリフリおみくじ占い
 4-2 ジャンプでキャッチゲーム
 4-3 崖っぷち!アクションゲーム

■【学ぼう!コラム】
 ・Scratchブロックの扱い方
 ・スプライトとステージ
 ・メッセージ
 ・x座標・y座標
 ・ペイントエディター
 ・演算ブロック
 ・コスチュームや背景の追加
 ・変数・リスト
 ・関数(ブロック定義)
 ・クローン
 ・タブレット・スマホ対応

他の書籍を検索する