『誘ゐ怪談』の詳細情報

誘ゐ怪談
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 誘ゐ怪談
サブタイトル
著者 [著者区分]松本 エムザ [著・文・その他]
出版社 竹書房 レーベル
本体価格
(予定)
650円 シリーズ 竹書房怪談文庫
ページ数 224p Cコード 0193
発売予定日 2019-12-27 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784801921245 判型 文庫(A6)
内容紹介
代々、ある面にとり憑かれてしまう一族の男子。その因果とは…?

公募実話怪談【怪談マンスリーコンテスト】で連続最恐賞受賞。
エブリスタ発!新星が開くかつてない恐怖の扉!

公募実話怪談〈怪談マンスリーコンテスト〉にて最恐賞を連続受賞、小説投稿サイト〈エブリスタ〉では切れ味鋭いショートホラーが話題の松本エムザ、待望の初単著。
プールの授業を見学している女子を見咎め、執拗に泳がせろと迫る女性。そこには恐ろしい理由と因果関係が…「母の誘い」、
生まれた時から左目をつぶっていることの多い甥っ子。その目にはいったい何が…「左目の鬼」、
祭りの露店で見た白い面。以来、その面の顔をした女が人生に絡んでは不幸へと導く…「白い顔の女」他、
日常の隙間から異界へと誘う戦慄の40話収録!
目次
著者略歴(松本 エムザ)
松本エムザ Emuza Matsumoto
栃木県在住。
映画とアイスホッケーとロックを愛する、転がり続けるミドルエイジ。
バブル世代の残党として「エムザ」を名乗る。
実話怪談の公募コンテスト、怪談マンスリーコンテスト【怪談最恐戦投稿部門】で2か月連続最恐賞を受賞。
共著に「サカサノロイ」「街角怪談」「街角怪談 噂箱」「怪談供養 晦日がたり」(エブリスタ編/竹書房文庫)など。
他の書籍を検索する