『実話奇譚 怨色 』の詳細情報

実話奇譚 怨色 
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 実話奇譚 怨色 
サブタイトル
著者 [著者区分]川奈 まり子 [著・文・その他]
出版社 竹書房 レーベル
本体価格
(予定)
650円 シリーズ 竹書房怪談文庫
ページ数 224p Cコード 0193
発売予定日 2019-12-27 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784801921269 判型 文庫(A6)
内容紹介
その集落には、奇習、禁忌、呪いが渦巻く…(「宮柱の娘」収録)
川奈まり子が怪異体験者の恐怖を研ぎ澄ませて描いた実話怪談集!

緻密な取材と調査で怪異を浮き彫りにするルポルタージュ怪談の旗手・川奈まり子が、よりリアルな恐怖を炙り出した渾身の一冊!

東京・目黒区の一画で頻発する不気味な怪。土地にこびりついた因縁とは…「化坂の家」、
最恐の心霊スポットを訪れた一行がおぞましい声を聞く「犬鳴山トンネル」、
霧と恐怖の都・ロンドンのあるホテルで、昏い歴史の影が怪奇現象として現れる「倫敦の足音」、
昭和の山深い集落を舞台とする血と因習に彩られた長編怪奇連作「宮柱の娘」など全43篇を収録。

滲みついた怨念は死の色を纏って冷たい刃を向ける――。
目次
著者略歴(川奈 まり子)
『義母の艶香』で小説家デビュー。
実話怪談では『赤い地獄』『実話怪談 出没地帯』『迷家奇譚』『実話怪談 穢死』『実話奇譚 呪情』『実話奇譚 夜葬』『実話奇譚 奈落』『一〇八怪談 夜叉』『少年奇譚』『少女奇譚』など。共著に「怪談四十九夜」シリーズ、『FKB 怪談遊戯』『嫐 怪談実話二人衆』『女之怪談 実話系ホラーアンソロジー』『怪談五色 破戒』『瞬殺怪談 刺』『現代怪談 地獄めぐり』など。TABLO(http://tablo.jp/)とTOCANA(http://tocana.jp/)で実話奇譚を連載中。
他の書籍を検索する