『侯孝賢(ホウ・シャオシェン)と私の台湾ニューシネマ』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 侯孝賢(ホウ・シャオシェン)と私の台湾ニューシネマ
サブタイトル
著者 [著者区分]■朱 天文 [著・文・その他]
■渋谷 裕子 [翻訳]
出版社 竹書房 レーベル
本体価格
(予定)
2625円 シリーズ
ページ数 296p Cコード 0097
発売予定日 2021-04-01 ジャンル 一般/単行本/外国文学小説
ISBN 9784801926103 判型 46
内容紹介
『悲情城市』『恋恋風塵』 などの作品で知られる、台湾を代表する映画監督、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)。実は彼には1983年の『 風櫃(フンクイ)の少年』以来、2015年カンヌ映画祭監督賞受賞作『黒衣の刺客』まで、すべての作品の脚本を担当し、自分のすべてを知り尽くした一人の女性がいた。それが朱天文である。台湾では小説家、エッセイストととしても名高い彼女は、脚本執筆のかたわら侯孝賢の仕事をつぶさに観察し、表面的な映画論にはとどまらない、生身の映画監督の姿をとらえた優れたエセーを数多く発表している。この本は、そんなエセーの中から特に、80年代台湾で起こった奇跡の映画ムーブメント”台湾ニューシネマ”の時代(それはとりもなおさず、侯孝賢が台湾から世界へと羽ばたいてゆく時代でもある)を中心にセレクト。侯孝賢をはじめ、『クーリンチェ少年殺人事件』のエドワード・ヤンなど、台湾ニューシネマにかかわった人々の姿が愛情を込めて、また時には少し辛辣な目で描かれた、まさに一時代の証言集。これを読めば、またあなたも台湾映画を観たくなる!  
目次
著者略歴(朱 天文)
台湾の著名な作家。日本では、『安安の夏休み』(筑摩書房)、『世紀末の華やぎ』(紀伊国屋書店)、『荒人手記』(国書刊行会)などが出版されている。脚本家として、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督の作品を2015年の最新作『黒衣の刺客』まで長年担当してきた。『悲情城市』『恋恋風塵』など世界的に知られる作品の脚本も彼女の仕事。まさに 侯孝賢のことを公私ともに誰よりも知り尽くしている人物である。
他の書籍を検索する