『天理教教義学研究 ~生の根源的意味の探究 ~ 』の詳細情報

天理教教義学研究
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 天理教教義学研究
サブタイトル 生の根源的意味の探究
著者 [著者区分]澤井 義次 [著・文・その他]
出版社 天理教道友社 レーベル
本体価格
(予定)
1500円 シリーズ
ページ数 292p Cコード 3014
発売予定日 2011-10-25 ジャンル 専門/単行本/宗教
ISBN 9784807305612 判型 46
内容紹介
天理教教義学の確立を目指された諸井慶徳先生の出直しから50年に寄せて、これまでに発表してきた天理教教義学に関する論考に加筆修正し、天理教教義学の視座から親神の守護および人間存在の生の根源的意味を探求しようとした天理教教義学試論。四六判並製292ページ。

私たちが生きていることには、限りなく深い意味がある。その限りなく深い意味を、天理教教義学の視座から捉えなおし、生の根源的な意味を可能な限り明らかにする。それが小著の目的である。(「はじめに」から)
目次
第一部 天理教教義学とその視座
 第一章 生の根源への問い
 第二章 天理教教義学の視座
第二部 親神とその守護
 第三章 根源的啓示と生の根源的事実性
 第四章 親神の呼称に込められた意味
 第五章 親神の守護―「元の理」とたすけ―
第三部 生の根源的意味とその理解
 第六章 「かしもの・かりもの」の教理とその理解
 第七章 生の意味と原典理解
 第八章 信仰の世界と言葉
 第九章 身上・事情に込められた意味
 第十章 生の根源の自覚と信仰
著者略歴(澤井 義次)
澤井義次(さわい よしつぐ)
1951年生まれ。天理大学人間学部宗教学科教授(同大学附属おやさと研究所兼任研究員)。天理教校本科(研究課程)講師。専門分野は宗教学・天理教学・インド学。天理大学宗教学科を卒業後、東北大学大学院を経て、ハーバード大学大学院(宗教学)へ留学。Ph.D.(ハーバード大学)、博士(文学)(東北大学)。現在、宗教倫理学会顧問、日本宗教学会常務理事などを務める。
他の書籍を検索する