『90歳になるということ』の詳細情報

90歳になるということ
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 90歳になるということ
サブタイトル
著者 [著者区分]松原 惇子 [著・文・その他]
出版社 SBクリエイティブ レーベル
本体価格
(予定)
900円 シリーズ SB新書
ページ数 224p Cコード 0236
発売予定日 2021-04-07 ジャンル 一般/新書/社会
ISBN 9784815604929 判型 新書(B40)
内容紹介
年老いた自分はどう生活しているのか?
夫(あるいは妻)に先立たれ、たったひとりで生活しているのか?
それとも老夫婦二人で老々介護状態か?
もしかしたらボケているかも? 生活費は足りてるのか?
体は不自由になっていないか?
未来の自分の姿を知るのはちょっと怖い。知れば知るほど、歳を重ねるのが嫌になるかもしれないし、知れば案外怖くなくなるかもしれない。
そこで、SSSネットワーク(ひとりの老後を応援する会)代表の松原惇子さんは、「だったら未来の自分の姿を知ろうじゃないか」と思い立ちました。
たくさんの90歳を取材して得た松原さんの結論は、「90歳の自分は、いまの自分の生き方で決まる」ということ。
不安を吹き飛ばし、「いまを元気に生きよう!」と勇気をもらえる1冊。
目次
第1章 90歳まで生きるのが怖い
――「90歳の自分」は?

第2章 90歳の現実とは
――90歳といってもいろいろ

第3章 90歳になると、理解力、姿、生活が激変する
――88歳から92歳の4年間のすさまじい姿の変化

第4章 あなたはどこで90歳を迎えるつもりですか。
――90代の終の棲家

第5章 90歳になる前にやっておくべきことがある
――ひとり終活のすすめ

第6章 「90になる前に死ぬから大丈夫」?
――妻頼りの男性が陥りがちな落とし穴

第7章 惨めな90歳にならないための7か条
第1か条【お金】お金の心配をしないですむ老後設計をたてる
第2か条【健康】体のことは自然体で。医療にかかわらない。薬を飲まない
第3か条【生活の自立】 自炊をやめない。家事をやめない。
第4か条【孤独力】人や幸せを求めない。
第5か条【目標】 いつでも先々にやることを持つ。
第6か条【身ぎれい】清潔な髪、体、服はもちろん。 きれいな色の服装を着る。
第7か条【なりゆきまかせ】過去も未来もない。風に任せて今を生きましょう。
著者略歴(松原 惇子)
1947年、埼玉県生まれ。
昭和女子大学卒業後、ニューヨーク市立クイーンズカレッジ大学院にてカウンセリングで修士課程修了。
シングル女性の今と老後を応援する団体であるNPO法人SSS(スリーエス)ネットワーク代表理事。
シンガーソングライターや映画製作の活動も行い、自らが孤独な老後を充実していることを体現している。
『女が家を買うとき』(文藝春秋)で作家デビュー。一貫して「女性ひとりの生き方」をテーマに執筆、講演活動を行っている。
他の著書には、『クロワッサン症候群』(文藝春秋)、『「ひとりの老後」はこわくない』(海竜社)、『老後ひとりぼっち』『長生き地獄』『孤独こそ最高の老後』(SBクリエイティブ)などがある。
他の書籍を検索する