『マスコミ・ジャーナリズム研究文献要覧1945〜2014』の詳細情報

マスコミ・ジャーナリズム研究文献要覧1945〜2014
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル マスコミ・ジャーナリズム研究文献要覧1945〜2014
サブタイトル
著者 [著者区分]■山田 健太 [編集]
■植村 八潮 [編集]
■野口 武悟 [編集]
出版社 日外アソシエーツ レーベル
本体価格
(予定)
37000円 シリーズ
ページ数 900p Cコード 3536
発売予定日 2015-08-22 ジャンル 専門/事・辞典/社会
ISBN 9784816925528 判型 B5
内容紹介
1945〜2014年の70年間に発表された研究文献を体系化した文献目録。言論法、情報メディア発達史、メディア批評など基礎から最新研究まで3万点を収録。「事項名索引」「著者名索引」「収録誌名一覧」付き。
目次
著者略歴(山田 健太)
専修大学文学部教授。日本公法学会、日本出版学会(理事)、日本マス・コミュニケーション学会(理事)、国際人権法学会、日本編集者学会に所属。著書は「法とジャーナリズム 第3版」(学陽書房、2014)など他多数。
著者略歴(植村 八潮)
専修大学文学部教授。元出版デジタル機構取締役会長、日本出版学会(副会長)、情報メディア学会(副会長)、納本制度審議会委員。著書に『電子出版の構図:実体のない書物の行方』(印刷学会出版部、2010)他。
著者略歴(野口 武悟)
専修大学文学部教授、放送大学客員教授。日本図書館情報学会、日本出版学会、日本学校図書館学会(会長)、日本子どもの本研究会(理事)等所属。著書は「新訂 学校経営と学校図書館」(放送大学教育振興会、2013)他。
他の書籍を検索する