『インバウンドでチャンスをつかめ ~中小企業における訪日外国人受け入れの現状と課題 ~ 』の詳細情報

インバウンドでチャンスをつかめ
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル インバウンドでチャンスをつかめ
サブタイトル 中小企業における訪日外国人受け入れの現状と課題
著者 [著者区分]日本政策金融公庫総合研究所 [編集]
出版社 経団連出版 レーベル
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 252p Cコード 2034
発売予定日 2018-06-28 ジャンル 実用/単行本/経営
ISBN 9784818518018 判型 A5
内容紹介
日本を訪れる外国人旅行者は毎年増加し、2018年には3,000万人を超える見込みです。
人口減少が進み、国内市場の多くが縮小するなか、外国人旅行者を対象とする観光産業は数少ない成長市場です。
ただし、どの企業にもまんべんなく外国人が訪れているわけではありません。
多くの外国人旅行者を獲得して業績を伸ばしている企業もあれば、まったく外国人旅行者が来ない企業もあります。
本書は、観光産業(小売業、飲食店、宿泊業、運輸業)の中小企業2,300社に行ったアンケート結果をもとに、
インターネットの活用やキャッシュレス決済への対応など、マーケティングや顧客サービスの観点から、
多くの外国人旅行者が訪れる企業の特徴を探ったものです。
観光産業のボトルネックや外国人住民政策との統合など、 日本が観光立国を実現していくうえでの課題も取り上げました。
日本を訪れる外国人旅行者は毎年増加し、2018年には3,000万人を超える見込みです。
人口減少が進み、国内市場の多くが縮小するなか、外国人旅行者を対象とする観光産業は数少ない成長市場です。
ただし、どの企業にもまんべんなく外国人が訪れているわけではありません。
多くの外国人旅行者を獲得して業績を伸ばしている企業もあれば、まったく外国人旅行者が来ない企業もあります。
本書は、観光産業(小売業、飲食店、宿泊業、運輸業)の中小企業2,300社に行ったアンケート結果をもとに、
インターネットの活用やキャッシュレス決済への対応など、マーケティングや顧客サービスの観点から、
多くの外国人旅行者が訪れる企業の特徴を探ったものです。
観光産業のボトルネックや外国人住民政策との統合など、日本が観光立国を実現していくうえでの課題も取り上げています。
目次
他の書籍を検索する