『弱者でも勝てるモノの売り方 ~お金をかけずに売上を上げるマーケティング入門 ~ 』の詳細情報

弱者でも勝てるモノの売り方
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 弱者でも勝てるモノの売り方
サブタイトル お金をかけずに売上を上げるマーケティング入門
著者 [著者区分]上杉惠理子 [著・文・その他]
出版社 ぱる出版 レーベル
本体価格
(予定)
1300円 シリーズ
ページ数 144p Cコード 0034
発売予定日 2019-04-15 ジャンル 一般/単行本/経営
ISBN 9784827211696 判型 A5変形
内容紹介
本書は、元・星野リゾート マーケティング部所属の著者による
ストーリーを通じて、マーケティングの基礎を学ぶ入門書です。
特長は大きく分けて2点。

1「これでもか! 」というくらい優しく
マーケティングとは、一部のマーケターに求められる難解な知識ではなく、
本来、子どもでも理解できるとてもシンプルなもの。
できる限り専門用語や難しい理論は省き、
誰でも使える実践的なものに絞って紹介しています。

2資金に乏しい「弱者」でも実践できるマーケティング
モノが売れない今の時代、
圧倒的な資金力で広告をガンガン出したり、
人海戦術的に営業を回らせたりできる「強者」なんてごくわずか。
本書の舞台である喫茶店「ワーグナー」の新米店長エミは、
家賃すら滞るオケラちゃん状態から、マーケティングを実践することで
自分のお店をV字回復に持っていきます。
「弱者が強者に打ち勝つための、武器としてのマーケティング」
これが本書のコンセプト。
たとえば、SNSのように
「お金をかけず、売上を伸ばせるモノの売り方」にしぼって
紹介しています。

マーケティング・セールス・企画・商品開発・広告・宣伝にかかわる人はもちろん、
商品・サービスを売る個人事業主・個人実業家にも必ず役立つ、
マーケティングの入門書ができました!
事業規模の大きい・小さいにかかわらず、幅広くオススメできる1冊です。

●著者紹介
上杉惠理子(うえすぎ・えりこ)
マーケティング戦略コンサルタント。
「子どもでも理解できて、誰でも実践できるマーケティング」がモットー。
法政大学社会学部、一橋大学大学院社会学研究科修了後、
環境創造企業 株式会社エステムでの営業企画部勤務を経て、
星野リゾートに入社。星野佳路代表のマーケティング志向に感銘を受け、
日本各地の地域魅力を発信する観光業のミッションと
マーケティングの面白さにのめり込む。
東日本大震災後、業績の回復を目指していた北海道のスノーリゾート
「トマム」のマーケティング部内に勤務し、トマムV字回復の一役を担う。
大の着物好きで、独立後は「和装イメージコンサルタント」としても活躍。
日本の和装文化を広めるべく「和創塾」を開設、マーケティングを武器に、
顧客の支持を得ながら順調に売上を伸ばしている。
目次
著者略歴(上杉惠理子)
マーケティング戦略コンサルタント。
「子どもでも理解できて、誰でも実践できるマーケティング」がモットー。
法政大学社会学部、一橋大学大学院社会学研究科修了後、
環境創造企業 株式会社エステムでの営業企画部勤務を経て、
星野リゾートに入社。星野佳路代表のマーケティング志向に感銘を受け、
日本各地の地域魅力を発信する観光業のミッションと
マーケティングの面白さにのめり込む。
東日本大震災後、業績の回復を目指していた北海道のスノーリゾート
「トマム」のマーケティング部内に勤務し、トマムV字回復の一役を担う。
大の着物好きで、独立後は「和装イメージコンサルタント」としても活躍。
日本の和装文化を広めるべく「和創塾」を開設、マーケティングを武器に、
顧客の支持を得ながら順調に売上を伸ばしている。
他の書籍を検索する