『「ぞめき」の時空間と如来教 ~近世後期の救済論的転回 ~ 』の詳細情報

「ぞめき」の時空間と如来教
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 「ぞめき」の時空間と如来教
サブタイトル 近世後期の救済論的転回
著者 [著者区分]石原 和 [著・文・その他]
出版社 法藏館 レーベル
本体価格
(予定)
4500円 シリーズ
ページ数 370p Cコード 3015
発売予定日 2020-08-07 ジャンル 専門/単行本/仏教
ISBN 9784831862648 判型 A5
内容紹介
一八〇〇年前後、日本宗教史上の大転換が起こった。名古屋城下は、群衆が開帳に狂乱して向かい信仰に熱狂する「ぞめき(騒き)」のただ中にあった。民衆宗教の先掛けとされる如来教は、こうした時空間に登場したのである。名古屋の人びとの宗教への向かい方に注目し、「身体」から「心」へと質的転回をした救済論について、如来教、真宗、民間信仰の枠を超えて明らかにする。

【目次】
第一部 一八〇〇年前後の救済課題と如来教
第一章 一八〇〇年前後における救済の動揺
――三業惑乱と如来教――
第二章 名古屋城下の真宗異安心と如来教
――尾州五人男をめぐって――
第三章 「渇仰の貴賤」と如来教
――作善実践に向き合う――

第二部 一八〇〇年前後名古屋の宗教環境と如来教世界の形成
第一章 如来教世界の形成過程と秋葉信仰
第二章 如来教説教の想像力としての近世親鸞伝
第三章 文政大地震と如来教

結章 本稿の成果と課題・展望
目次
序章
 はじめに――「ぞめき」の時空間と如来教――
 一 民衆宗教研究・如来教研究とその課題
 二 近世民衆宗教としての如来教
 三 本書の立場と分析視点・方法
 四 本書の構成

第一部 一八〇〇年前後の救済課題と如来教

第一章 一八〇〇年前後における救済の動揺――三業惑乱と如来教――
 はじめに――異安心の時代と如来教――
 一 近世真宗教学論争年表からみる如来教の時代
 二 三業惑乱――近世真宗最大の異安心事件――
 三 つとめの方法への問いと如来教
 おわりに――三業惑乱にみる時代的課題と共振する如来教――

第二章 名古屋城下の真宗異安心と如来教――尾州五人男をめぐって――
 はじめに――名古屋城下の真宗から如来教説教を読む――
 一 名古屋城下の真宗
 二 名古屋城下における真宗信仰の揺れ――「新敷宗意」事件と尾州五人男事件――
 三 如来教説教と真宗の動向
 おわりに――一八〇〇年前後の救済課題に対する心の定置という応答と如来教――

第三章 「渇仰の貴賤」と如来教――作善実践に向き合う――
 はじめに――「渇仰の貴賤」の群像から如来教説教を読む――
 一 『金明録』にみる「渇仰の貴賤」
 二 作善問題と善の実践根拠
 三 作善問題と如来教――善/悪と救済――
 おわりに――一八〇〇年前後の人々の救済への希求と宗教の応答――

第二部 一八〇〇年前後名古屋の宗教環境と如来教世界の形成

第一章 如来教世界の形成過程と秋葉信仰
 はじめに――名古屋城下の宗教環境と如来教における存在意義の発見――
 一 名古屋城下の秋葉信仰――その登場と展開――
 二 鳴海宿下郷家と秋葉講――その組織と信仰活動――
 三 秋葉信仰に対峙した如来教説教の展開
 おわりに――他信仰との柔軟な対峙のあり方と民衆宗教・如来教の展開――

第二章 如来教説教の想像力としての近世親鸞伝
 はじめに――一八〇〇年前後の宗教知と如来教説教――
 一 枕石寺の宝物弘通と「高祖親鸞聖人御枕石」
 二 如来教の中の「高祖親鸞聖人御枕石」縁起
 三 如来教の「高祖親鸞聖人御枕石」縁起の想像力
 おわりに

第三章 文政地震と如来教
 はじめに――非日常に表出する民衆宗教の特徴――
 一 名古屋城下における文政地震
 二 地震の恐怖と宗教
 三 如来教の地震説教とその展開
 おわりに――即時性・即興力・変容――

結章 本稿の成果と課題・展望
 一 一八〇〇年前後の都市名古屋
 二 「ぞめき」の時空間とつとめの方法の模索――社会変化へのふたつの対応――
 三 一八〇〇年前後の救済パラダイムという視線を広げる
 四 救済論の構成にみる如来教の特色

初出一覧
あとがき
著者略歴(石原 和)
1988年愛知県生まれ。2011年立命館大学文学部人文学科日本史学専攻卒業、2012年同大学大学院文学研究科日本史学専修博士課程前期課程修了、2017年同大学大学院文学研究科日本史学専修博士課程後期課程修了。博士(文学・立命館大学)。現在、国立民族学博物館人類基礎理論研究部プロジェクト研究員(2017年~)、立命館大学授業担当講師(2018年~)。本書収載論文の他、主要な論文に「一九二〇年代後半における「如来教」の“創出”―石橋智信の研究から」(桂島宣弘編『東アジア遭遇する知と日本』文理閣、2019年)、「民衆宗教」(『日本宗教史のキーワード 近代主義を超えて』慶應義塾大学出版会、2018年)、など。
他の書籍を検索する