『歎異抄講話 2』の詳細情報

歎異抄講話 2
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 歎異抄講話 2
サブタイトル
著者 [著者区分]廣瀬 杲 [著・文・その他]
出版社 法藏館 レーベル
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 306p Cコード 0015
発売予定日 2019-02-12 ジャンル 一般/単行本/仏教
ISBN 9784831865632 判型 46
内容紹介
本書は京都の高倉会館にて、約21年にわたって語られた『歎異抄』の講演を全4巻にまとめた内の第2弾。
口語体による原文の意訳と「一年一条」というかたちで説かれた丁寧な解釈は、まさに読者とともに『歎異抄』を味読していくものとなっています。
第2巻は第五条~第十条までを収録。

私は、この漢文体で記された総序の文全体を通して、そこに仏弟子の切々とした歎異の至情を窺い知ると同時に、その歎異の至情が、どれほど具体的現実に立脚した師教の確認と、その伝承への悲願とによって、語り掛けられることがあるかを、一種の怖れを感じざるうぃ得ないほどの思いで知らされるのです。
それは真の仏弟子であることの責任的遺言であり、それ故に、いつの世、いつの時においても聞き取られなくてはならない遺教であると感じます。
《「序文 歎異の精神」より》
『歎異抄』の解釈において定評のある本書が、読者の声により新装版として待望の復刊。
目次
第五条 いのちのあゆみ
第六条 いのちのひろさ
第七条 軽安
第八条 悲願の一乗
第九条 信心の内観
第十条 念仏成仏の自然
著者略歴(廣瀬 杲)
大正13年京都市に生まれる。 昭和28年大谷大学文学部真宗学科を卒業。 元大谷大学学長。大谷大学名誉教授。 文学博士。聞光学舎主幹。 著書 『真宗救済論』『観経疏に学ぶ』『歎異鈔の諸問題』 『廣瀬杲講義集八巻』ほか。
他の書籍を検索する