『すべてを手に入れたってしあわせなわけじゃない』の詳細情報

すべてを手に入れたってしあわせなわけじゃない
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル すべてを手に入れたってしあわせなわけじゃない
サブタイトル
著者 [著者区分]鈴木涼美 [著・文・その他]
出版社 マガジンハウス レーベル
本体価格
(予定)
1300円 シリーズ
ページ数 232p Cコード 0095
発売予定日 2019-11-21 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784838730766 判型 46
内容紹介
女の生き方に正解なし!

恋愛、結婚、キャリア、子作り、不倫……。
どっちの道を進んでも、どっちも案外つらいもの。
生き抜くためのヒントが見つかる、
女たちのリアルな本音対決、15本勝負!

永遠に答の出ない、女の人生の裏と表を、
するどく描く痛快エッセイ!

A子とB美、どっちがしあわせ?

●第1試合 会社人生
会社は真綿でできた鉄の檻。いてもやめても苦しい
A子「やめどきがわからない」年収4桁会社員の憂鬱 
B美 軽やか転職ガールは「消耗しています」

●第2試合 不倫問題
主婦に恨まれたってへっちゃら。恋愛対象は既婚者オンリー
A子 既婚女性に死ぬほど嫌われる女の幸福な毎日
B美 夫の浮気は臨時ボーナスと言い張る女

●第3試合 子作り
早く産むか遅く産むかで、女の人生は引き裂かれる
A子 まだ早い、をいつ間違えたか忘れた女
B美 3人産んだら女同士の温泉は絶対無理

●第4試合 学歴
使えない高学歴は無意味、でもそれがないと……
A子 高スペックすぎる女の、無駄になった履歴書
B美 バカやってたいけどバカにされるくらいなら死ぬ

●第5試合 雇用形態
本当にやりたいことは会社じゃできない、という夢想
A子 フリーランスのフリーは自由じゃなくて無料だから
B美「鉄の檻」の後の楽園に夢見るOL

●第6試合 出身地
都会のど真ん中で婚期を逃すか、ワンオペ育児か
A子 大人になっても親から解放されない都会娘
B美 親と一緒に子育てしてるヤツなんて「ママゴト」

●第7試合 独身生活と結婚願望
好きでなくなったら別れる、で、なんでいけないの?
A子 30代独身だからって仕事が好きなわけじゃない
B美 とりあえず卵子は凍結したけど結婚願望がなくて困る

●第8試合 ママ
自分が何者でもないのは、会社員も専業主婦も同じ
A子 出産後の会社で思い知った、尊厳と幸福のあいだ
B美 浮気女の結論。オンリーワンよりナンバースリー

●第9試合 旦那のスペック
夫に期待したのが間違いだった。主婦が夢から覚める時
A子 娘の将来を邪魔する夫が許せない
B美 息子が東大入ったら誰も味方がいなくなる

●第10試合 モテ
いつまでもモテ続けるわけではないという絶対真理
A子 男にモテなきゃ人生つらいけど、それだけだとそれもつらい
B美 結婚式で爆笑されて拗ねた、女子校の王子様

●第11試合 自分の歴史
過去をひきずり、人生に折り合いがつけられない不幸
A子 元ジミ子主婦の、やりきれないコンプレックス
B美 元ヤリマンの身体は、いまのぬるま湯にご不満

●第12試合 東京と地方
キラキラの東京は、捨てるにはあまりにも惜しくて
A子 簡単に捨てすぎた東京への、どうしようもない未練
B美 まだまだ東京で消耗する気だけど、問題は食い扶持

●第13試合 彼氏
頭の満足と、心や子宮の満足はまったく別もの
A子 ものわかりがよすぎる、私の彼はフェミニスト
B美 愛しの王子は、英語が喋れない

●第14試合 地方と都会の不倫事情
ママ友がいたって、寂しさは消えないから不倫する
A子 20キロ先の喫茶店デートで変装が必要な恋なんて
B美 ママ友だらけのタワマンで、孤独じゃないなんて嘘

●第15試合 港区女子
キャバ嬢とソーシャライトの間、それが港区女子
A子 港区女子になりたかった彼女が選んだ道
B美 港区育ち「非・港区女子」の悩ましいこだわり
目次
著者略歴(鈴木涼美)
1983年、東京生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業、東京大学大学院学際情報学府の修士課程を修了。専攻は社会学。2009年から日本経済新聞社に5年間勤めたあと退職。2013年に修士論文を元にした著書『「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか』(青土社)で作家デビュー。その他の著書に『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』(幻冬舎)、『愛と子宮に花束を~夜のオネエサンの母娘論~』(幻冬舎)、『おじさんメモリアル』(扶桑社)、『オンナの値段』(講談社)、『女がそんなことで喜ぶと思うなよ ~愚男愚女愛憎世間今昔絵巻』(集英社)など。
他の書籍を検索する