『一手ずつ解説! 碁の感覚がわかる棋譜並べ上達法 【江戸時代前編】』の詳細情報

一手ずつ解説! 碁の感覚がわかる棋譜並べ上達法 【江戸時代前編】
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 一手ずつ解説! 碁の感覚がわかる棋譜並べ上達法 【江戸時代前編】
サブタイトル
著者 [著者区分]大橋成哉 [著・文・その他]
出版社 マイナビ出版 レーベル
本体価格
(予定)
1590円 シリーズ
ページ数 240p Cコード 2076
発売予定日 2019-07-24 ジャンル 実用/単行本/諸芸・娯楽
ISBN 9784839970321 判型 46
内容紹介
大ヒット書籍「一手ずつ解説! 碁の感覚がわかる棋譜並べ上達法」の続編!

本作は、江戸時代前期に打たれた古碁が題材。
読者が唸るような、本因坊道策をはじめとする、歴戦の猛者の碁を収録しています。

古碁は現代の碁に比べて、形や石の流れが重視され、非常にわかりやすく学ぶのに適しています。
「一手ずつわかりやすく解説する」という、本シリーズのコンセプトともマッチした題材となっており、並べるたびに上達が実感できる内容になっています。

さらに本作から、棋譜を元にした次の一手問題を追加しました。
重要な場面を問題にしているので、並べた後の復習に活用できます。

本書の収録局を楽しく、繰り返し並べて、布石の感覚を身につけてください。
目次
著者略歴(大橋成哉)
平成2年生まれ。大阪府出身。平成17年入段、27年七段。平成22年:第37期天元戦本戦出場。
平成29年第43 期天元戦本戦準々決勝進出。
京都大学で囲碁の講義を担当するなど、普及活動にも積極的に取り組んでいる。
著書に『サクサク解ける! 詰碁と手筋の基礎トレーニング400』 『一手ずつ解説! 碁の感覚がわかる棋譜並べ上達法』(マイナビ出版)がある。
他の書籍を検索する