『荷風と玉の井 ~「ぬけられます」の修辞学 ~ 』の詳細情報

荷風と玉の井
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 荷風と玉の井
サブタイトル 「ぬけられます」の修辞学
著者 [著者区分]嶋田 直哉 [著・文・その他]
出版社 論創社 レーベル
本体価格
(予定)
2200円 シリーズ
ページ数 256p Cコード 0095
発売予定日 2019-05-16 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784846018207 判型 46
内容紹介
永井荷風の文学世界でとりわけ有名なのは『墨東綺譚』と玉の井である。「赤線玉の井、ぬけられます」として知られるが、実は赤線ではない。赤線は公娼だが、私娼、イリーガルな売春婦の街なのだ。荷風が最初に訪れた年には、玉の井バラバラ殺人事件が起こり、時に「魔窟」とも呼ばれた街に荷風は足繁く通い、ルポ文学のような形で物語を生み出した。それはどうしてなのか。そんな場所を描きながら、新聞小説として、木村荘八の挿絵とともに知られる荷風と玉の井。明治大学で近代文学を講じる若手研究者、嶋田直哉がその荷風と玉の井に注目し、『墨東綺譚』から『断腸亭日乗』と『寺じまの記』などを含めて政治学、図像学、地政学などのこれまでにない視点で論じて、荷風と玉の井の秘密を解き明かす。
目次
第一章 永井荷風の復活―『つゆのあとさき』/第二章 ヒモと金の物語―『ひかげの花』/第三章 『墨東綺譚』の読まれ方/第四章 玉の井への道程―『断腸亭日乗』と『寺じまの記』/第五章 玉の井の政治学/第六章 玉の井の図像学/第七章 玉の井の地政学/第八章 報告文学の季節
著者略歴(嶋田 直哉)
1971年生まれ。立教大学大学院文学研究科日本文学専攻博士後期課程中退。フェリス女学院中学校・高等学校教諭、志學館大学人間関係学部准教授を経て、現在明治大学政治経済学部・教養デザイン研究科准教授。博士(文学)。専攻は日本近代文学・現代演劇批評。「輻輳化する風景――永井荷風の文体戦略」(「明治大学教養論集」第532号)、「記憶の遠近法――井上ひさし『父と暮せば』を観ること」(「日本近代文学」第94集)など。
他の書籍を検索する