『普通の女の子がキラキラオーラを放つとっておきの方法』の詳細情報

普通の女の子がキラキラオーラを放つとっておきの方法
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 普通の女の子がキラキラオーラを放つとっておきの方法
サブタイトル
著者 [著者区分]植西聰 [著・文・その他]
出版社 清流出版 レーベル
本体価格
(予定)
1400円 シリーズ
ページ数 208p Cコード 0095
発売予定日 2018-12-07 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784860294823 判型 46
内容紹介
占いよりも、自分を信じる!

未来を作るのは、今日の自分。


心の中のエネルギーが、目の前の出来事を引き寄せている。

心と運の関係をもとに、実際に運をよくするための様々な方法を解説。

行動することで、運命が動き出す。

自信を持ち、キラキラとしたオーラを放つ女性に誰でもなれる!
目次
第1章 運がいい人と悪い人の違いはどこにある?

運がいい人も悪い人も、自分自身に原因がある?

どんな人でも「運がいい人」になれる

心の状態で、運のよしあしが変わる

心の中にプラスの感情がたくさんあれば、運はよくなる

マイナスの感情を捨てることから始めよう

「私は運が悪い」と思い込んでいないか?

あの人と自分の人生に違いがあるのはなぜ?

「運はよくなる」と本気で信じる

目指すのはギラギラではなく、キラキラ



第2章 心の中のエネルギーが目の前の出来事を引き寄せている

人の心には「引き寄せる力」が備わっている

自信がある人ほど、いい出来事を引き寄せることができる

悪いことを、いつの間にか引き寄せてしまう人の特徴

小さな引き寄せを、繰り返し練習する

引き寄せたい内容を具体的にする

いい出来事が近づいてきたら、きちんと受け取る

大きな「いい出来事」を引き寄せるには?

引き寄せをするときは間口を広げる

矛盾している引き寄せは成功しない



第3章 自分を少しずつ好きになっていくためのコツ

自分を嫌いでいると、なぜ自信が持てないのか?

「セルフイメージ」を書き換える

「自分を責める」クセを直す

自分の魅力に気づく

自分で自分を慰めてあげる

「できていること」に満足する

自分と他人を比べない

得意なことに集中する

一人でも行動する習慣を身につける



第4章 行動力を高めることで運命が動き出す

思いついたら、すぐに行動してみよう

待つのではなく、自分から幸運に歩み寄っていこう

「ダメもと」でも行動したほうがいい理由

「やってみたいことリスト」を作る

目標を持つだけで、行動力がつく

簡単なことからトライする

「この時期までにやろう」と自分で締め切りを決める

信頼する人からの誘いはなるべく応じる

今日できることは、明日に延ばさない



第5章 人間関係のストレスからスルッと逃れる方法

「鏡の法則」をいつも意識してみよう

鏡の法則で人生を変えた女性

怒ると自分が損をする

「してほしい」という期待を持ちすぎない

「ノー」と断る勇気を持つ

相手の価値観を変えようとしない

相手の長所に注目して付き合う

苦手な人を意識しすぎない



第6章 恋愛運をアップさせて好きな人をふりむかせる

過去のつらい恋愛の思い出を消す方法

出会いのチャンスに敏感になる

また会いたいと思われる人になるシンプルな方法

理想のタイプにこだわらず、自分の直感を信じる

相手の話を真剣に聞いてあげる

相手との共通点を見つける

不幸になる恋愛はしない

自分の恋愛スタイルを見直す



第7章 悩み事は自分を成長させるチャンス

悩み事を、プラスの方向から考えてみる

一か所で立ち止まらない

不幸なことが起こった後には、幸せがやってくる

「いつか役に立つ」と考えるようにする

失敗することで教訓が学べる

人生は軌道修正が必要な時期もある

「たいした問題じゃない」と言ってみる

「最後はハッピーエンドになる」と予言をする



第8章 言葉を変えてキラキラした自分になる

プラスの言葉を味方につけよう

マイナスの意味を持つ口ぐせを直す

「悪口は言わない」と決意する

自慢話はほどほどにしておく

マイナスの言葉はプラスの表現に変える

聞きたくない言葉は受け流す

言いたいことを我慢しすぎない

気持ちを切り替えるおまじないを作ろう





第9章 ちょっとした習慣がブレない自信をつける

習慣がその人の人生を作っている

いいことを探してメモをする

ラクになるために何かをやめる

幸せホルモンが増える生活を送る

断捨離をして快適な環境に身を置く

占いよりも、自分を信じる

自然や動物から元気をもらう

他人の幸せを祝福できる自分になる



第10章 ハッピーのらせん階段を少しずつ上がって行こう

人間関係は量より質

人に期待しすぎない、押し付けない

大切な友人に自分から連絡をする

解決できない問題もある」と割り切る

失うものもあれば、得るものもある

時間が経てば全て思い出になる

相談相手はプラス思考の人を選ぼう

人に喜んでもらうことをしよう

もっともっとハッピーな自分になれる
著者略歴(植西聰)
東京都出身。著述家。学習院大学卒業後、資生堂に勤務。

独立後、人生論の研究に従事。独自の『成心学』理論を確立し、人々を明るく元気づける著述を開始。95年、「産業カウンセラー」(労働大臣認定資格)を取得。

近著に『昨日よりちょっとうまくいく「一日一生」の教え』(祥伝社)、『怒らないコツ』(自由国民社)、『「足るを知る」と、幸せになれる』(扶桑社)『思うだけ!開運術』(清流出版)など。
他の書籍を検索する