『「データセンス」の磨き方 ~一瞬で数字を読む力をつける ~ 』の詳細情報

「データセンス」の磨き方
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 「データセンス」の磨き方
サブタイトル 一瞬で数字を読む力をつける
著者 [著者区分]堀口 智之 [著・文・その他]
出版社 ベレ出版 レーベル
本体価格
(予定)
1500円 シリーズ
ページ数 Cコード 0033
発売予定日 2018-08-13 ジャンル 一般/単行本/経済・財政・統計
ISBN 9784860645540 判型 46
内容紹介
「1年間の売り上げが10億円の会社のひと月あたりの売り上げはいくらでしょうか」データセンスを身につけると、この質問に1秒で答えられるようになります。実際に計算するには10億を12(ヵ月)で割らなければなりません。これに1秒で答えるには「83」というキー数字を知っておく必要があります。質問の答えは「約8300万円」です。「12で割る」ということは、「0.083をかける」ことと同じなのです。
データセンスとは、ビジネスシーンや日常の中で目にする数字の意味をパッと把握する感覚のことをいいます。本書は具体的な演習も多く、社会人なら誰もが必要としているその感覚を身につけ、磨くことのできる一冊です。
目次
第Ⅰ部 「データセンス」とは
 Chapter1 データセンスの基礎知識
 Chapter2 データセンスがあると毎日が変わる!
 Chapter3 いまなぜ、データセンスが必要か
 Chapter4 データセンスはどんな人に必要か
 Chapter5 データセンスの身につけ方
 Chapter6 データセンス基本テスト
 Chapter7 データセンスの内容は?
第Ⅱ部 「データセンス」を磨く演習
 Chapter1 日常の中でデータセンスを身につける
 Chapter2 計算力の基本を身につける
 Chapter3 工夫して計算する
 Chapter4 すべては比べることから始まる
 Chapter5 大きな数と仲良くなる
 Chapter6 すべての数の掛け算が「直感」で導き出せる!その極意とは?
著者略歴(堀口 智之)
1984年生まれ。新潟県南魚沼市出身。山形大学理学部物理学科卒業。 学習塾5社、コンビニ、飲食店、教育系ベンチャーを含む20種類以上の職を経験し、2010年より、大人のための数学教室「和」(なごみ)を創業。大人向けの数学・統計学の教室を都内・大阪を含めて全国5教室を展開。月間600名を超える社会人の方が利用している。2016年より「ロマンティック数学ナイト」や「ロマンティック数学ゼミ」、「BEYOND」などの数学のロマン・魅力・その有用性を発信するイベントを定期開催。2017年より個別指導で培ってきたノウハウ・問題集をもとに「データセンス」の集団セミナーを毎月開催。TBSテレビ「聞きにくいことを聞く」、日本テレビ「月曜から夜ふかし」、日経新聞、週刊ダイヤモンド、朝日新聞「天声人語」など、メディア出演・掲載実績多数。 和から株式会社 https://wakara.co.jp/
他の書籍を検索する