『蝙蝠が歯を出して嗤っていた』の詳細情報

蝙蝠が歯を出して嗤っていた
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 蝙蝠が歯を出して嗤っていた
サブタイトル
著者 [著者区分]猪谷 美知子 [著・文・その他]
出版社 澪標 レーベル
本体価格
(予定)
2000円 シリーズ
ページ数 124p Cコード 0092
発売予定日 2021-04-07 ジャンル 一般/単行本/日本文学詩歌
ISBN 9784860785079 判型 A5
内容紹介
いつのまにか猪谷さんの書く詩は彼女固有の生活、モノたち、周囲の人たちへの独特な目配りが行き届いて、愛おしさ、ひたむきさに貫かれている。これはかけがえのないヒューマニズムだ。  たかとう匡子
目次

あ・うん
反乱
春よ来い
粉飾
贋作・ノアの方舟
Remember Me
雫がこぼれていく  他

零れ落ちる
在り処
鬼灯が
結界
天秤棒
魔法
キリンの首に似て   他

もんもんもん
嗤う

一回きり
氷の風が舞う側溝で
かくれんぼ
絡まる   他
著者略歴(猪谷 美知子)
1948年 大阪生まれ。
所属:日本現代詩人会 兵庫県現代詩協会 関西詩人協会 各会員
   「時刻表」「風の音」各同人
既刊詩集:『亀との夕刻』(朝日カルチャー出版 2007年) 
     『水槽の中で』(澪標 2013年)
他の書籍を検索する