『「人を傷つける」話し方「ほっとさせる」話し方』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 「人を傷つける」話し方「ほっとさせる」話し方
サブタイトル
著者 [著者区分]渋谷昌三 [著・文・その他]
出版社 新講社 レーベル
本体価格
(予定)
1000円 シリーズ
ページ数 192p Cコード 0295
発売予定日 2020-01-22 ジャンル 一般/新書/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784860815943 判型 新書(B40)
内容紹介
相手や周囲といい関係をつくりたいと思っていても、
自分では気がつかないうちに、相手を否定し、
傷つける話し方になっているかもしれません。

人は認められると安心し、否定されると傷つく。
これは人間の心理です。
ですから、これは、人とのコミュニケーション、
つまり「人と話す」時でも同じです。

相手を傷つけることなく、
自分が伝えたいことが相手によく理解され、
相手の能力や長所を引き出すことができる
「話し方」があります。

「相手との円滑なコミュニケーション」
「いい人間関係をつくる」ためには、
たとえ、相手が何か失敗しても、頭から、
●相手を否定しないこと
●とがめないこと
●怒らないこと

話すときには、まず、
●相手を認めること
●受け入れること
●許すこと

などです。
相手の自分への反発や警戒がなくなり、
その後のコミュニケーションがよくなります。
関係がよい方向に向かいます。

本書では、具体的な話し方の事例を取り上げ、
相手とのいい関係をつくれる話し方、
相手の長所や能力、よさを引き出せる話し方を
紹介します。
目次
他の書籍を検索する