『悲しみのゴリラ』の詳細情報

悲しみのゴリラ
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 悲しみのゴリラ
サブタイトル
著者 [著者区分]■シンディ・ダービー [イラスト]
■ジャッキー・アズーア・クレイマー [著・文・その他]
■落合恵子 [翻訳]
出版社 クレヨンハウス レーベル
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 41p Cコード 8798
発売予定日 2020-11-24 ジャンル 児童/絵本/外国文学、その他
ISBN 9784861013874 判型
内容紹介
ママを亡くした男の子のもとに現れたゴリラ。「ママはどこにいったの?」「いつになったらかなしくなくなるの?」男の子の問いかけに、一つひとつ答えていきます。大切なひとを失う悲しみを、大きな腕で丸ごと抱きしめる絵本。また、もうひとつのストーリーとして、男の子とパパとの関係が描かれています。同じ悲しみに見舞われながら、悲しみが大きすぎるがゆえに、それぞれに抱えて分かち合えないふたり。でも、ゴリラとの対話によって、男の子が少しずつ変わり、ふたりが新しい日常を歩き出すようすにこころ打たれます。美しい水彩画が繊細な物語を彩ります。
目次
著者略歴(シンディ・ダービー)
スコットランドで演劇を学び、操り人形師として活躍した後、独学でイラストレーターに。『How to Walk an Ant』『Climing Shadows』などの作品がある。米国、サンフランシスコで愛犬と暮らしている。
著者略歴(ジャッキー・アズーア・クレイマー)
俳優、歌手、スクールカウンセラーとして活動し、子どもの本の作家に。『The Green Umbrella』『If You Want to Fall Asleep』などの作品がある。米国、ニューヨークのロングアイランドで家族と暮らしている。
著者略歴(落合恵子)
作家。クレヨンハウス主宰。社会的に声のちいさい側に置かれたひとびとの視点、オーガニックの視点で、文化を明るく拓く提案を続けている。絵本の翻訳に『おやすみ、ぼく』(クレヨンハウス)など。『明るい覚悟 こんな時代に』(朝日新聞出版)など著書多数。
他の書籍を検索する