『日本カント研究 No.14』の詳細情報

日本カント研究 No.14
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 日本カント研究 No.14
サブタイトル
著者 [著者区分]日本カント協会 [編集]
出版社 知泉書館 レーベル
本体価格
(予定)
2000円 シリーズ
ページ数 224p Cコード 3002
発売予定日 2013-07-31 ジャンル 専門/単行本/年鑑・雑誌
ISBN 9784862859150 判型
内容紹介
日本カント協会
日本カント研究 No.14
2013年
目次
●シンポジウム カントと政治哲学の可能性
シンポジウム 趣意(田中綾乃)
カント政治哲学の射程――ルソー国家論との比較(高田 純)
ヘーゲルにおける国家と宗教(山内廣隆)
カント政治哲学における「理論と実践」――カントにおける「政治的なるもの」の生成(福田俊章)

●共同討議Ⅰ カントとポスト分析哲学
共同討議Ⅰ趣意(入江幸男)
人類学と形而上学のあいだで――社会プラグマティズムとセラーズ派哲学者たちのカント(三谷尚澄)
超越論的演繹を投げ捨てることの難しさ――マクダウェルの治療的カント解釈をめぐって(村井忠康)

●共同討議Ⅱ カントと科学技術倫理
共同討議Ⅱ趣意(小野原雅夫)
現象知を越境する技術的関与の責任(勝西良典)
技術専門職と内部告発――二つの理性使用という観点から(田中朋弘)

●公募論文
真理の対応説の復権――カント,ラスク,比較論法(金 正旭)
理想論の倫理学的射程――人格の倫理学のために(宮村悠介)
カントにおける法義務としてのhoneste vive(田中美紀子)
なにゆえ「カントに還らねばならない」のか――リープマンの『カントとエピゴーネン』について(渡邉浩一)

●書評
ハルトムート・ゲールケン,デートレフ・ティール,中村博雄共編『理性と平和――ザーロモ・フリートレンダー/ミュノーナ政治理論作品選集』(長倉誠一)
高田純著『カント実践哲学とイギリス道徳哲学――カント・ヒューム・スミス』(竹山重光)
望月俊孝著『漱石とカントの反転光学――行人・道草・明暗双双』(平山 洋)
山根雄一郎著『カント哲学の射程――啓蒙・平和・共生』(勝西良典)

●海外学会報告
新カント学派思想研究学会報告(大森万智子)

2012年度会務報告/機関誌の原稿募集/濱田賞応募について/規約/入会のお勧め/執筆者一覧/欧文要旨
他の書籍を検索する