『哲学 第66号 ~ケア―共に生きる ~ 』の詳細情報

哲学 第66号
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 哲学 第66号
サブタイトル ケア―共に生きる
著者 [著者区分]日本哲学会 [編集]
出版社 知泉書館 レーベル
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 240p Cコード 3002
発売予定日 2015-04-01 ジャンル 専門/単行本/年鑑・雑誌
ISBN 9784862859228 判型 A5
内容紹介
日本哲学会
哲学 第66号
2015年
目次
●第74回大会シンポジウム「ケア――共に生きる」
シンポジウム趣旨(金山弥平)
目に見えぬものたちと生きる――日本列島におけるケアと共生の系譜(佐藤弘夫)
ケアの現場から見えてくる「人間共生=寄り添い」の意義と必要性(高木慶子)
生老病死と共に生きる――ケアの臨床哲学にむけて(浜渦辰二)
●学協会シンポジウム「教養教育――その歴史と課題」
学協会シンポジウム趣旨(金山弥平)
教養論の二つの系譜――パイデイアとレトリック・ヒューマニズム(加藤守通)
「教養教育」とは何か(松浦良充)
●第73回大会シンポジウム「未来という時間」総括(司会者 入不二基義・斎藤慶典)
●哲学教育ワークショップ「哲学教育と倫理・道徳教育」報告(司会者 眞嶋俊造)
●男女共同参画・若手研究者支援・ワーキンググループ主催ワークショップ「若手・非-常勤職研究者問題を考える」報告(司会者 河野哲也)
●応募論文
キーネーシスとロゴス――初期ハイデガーにおけるキーネーシス解釈(阿部将伸)
フッサールの反心理主義批判(植村玄輝)
テーテンスとカント――「超越的/超越論的」をめぐって(佐藤慶太)
ホワイトヘッド哲学における命題論――「理論負荷性」にもとづく命題概念の理解と命題にもとづく知覚論の考察(佐藤陽祐)
アリストテレスの完全な推論式とは何か(竹田浩一)
発達的観点から見た運動と思考との連関――運動の内面化説の検討(仲山佳秀)
●インターナショナルセッション総括 East Asia and Transnational Ethics(寺田俊郎)

日本哲学会規則
日本哲学会役員選出・評議員選挙細則
日本哲学会役員一覧
日本哲学会研究倫理規定
応募論文公募要領
日本哲学会若手研究者奨励賞
日本哲学会著作権規定
日本哲学会林基金及び運営委員会規定
欧文要旨
他の書籍を検索する