『日本カント研究 No.16』の詳細情報

日本カント研究 No.16
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 日本カント研究 No.16
サブタイトル
著者 [著者区分]日本カント協会 [編集]
出版社 知泉書館 レーベル
本体価格
(予定)
2000円 シリーズ
ページ数 228p Cコード 3002
発売予定日 2015-07-30 ジャンル 専門/単行本/年鑑・雑誌
ISBN 9784862859235 判型
内容紹介
日本カント協会
日本カント研究 No.16
2015年
目次
●シンポジウム カントと最高善
シンポジウム趣意(渋谷治美)
経験主義批判としての最高善論(田原彰太郎)
「希望の原理」としての「最高善」――最高善の今日的意義の可能性(牧野英二)
最高善――カント実践哲学の思索空間(山本精一)

●共同討議Ⅰ カントと教育の問題
共同討議Ⅰ趣意(三谷尚澄)
カントのタクト(Takt)――学習と経験に関する近代的パラダイム成立史の一コマ(鈴木晶子)
教育史におけるカント――大学史・教育思想史・影響作用史(藤井基貴)

●共同討議Ⅱ ドイツ啓蒙主義とスコットランド啓蒙主義
共同討議Ⅱ趣意(福谷 茂)
スコットランド啓蒙の形而上学(長田蔵人)
啓蒙の危機と理性批判(福田喜一郎)

●公募論文
無限判断と存在措定(五十嵐涼介)
「第四誤謬推理」論と外的知覚の客観的実在性(栗原拓也)
観念論論駁覚書に現れた特異な主題群について(中野裕考)
『判断力批判』第二序論における「自然概念から自由概念への移行」――Als-ob の方法による第三の観点の定立(矢口正史)

●書評
浜野喬士著『カント『判断力批判』研究――超感性的なもの,認識一般,根拠』(相原 博)
Kiyoshi Chiba 著 Kants Ontologie der raumzeitlichen Wirklichkeit: Versuch einer antirealistischen Interpretation der “Kritik der reinen Vernunft”(ヴォルフガング・エアトル〔山根雄一郎訳〕)
城戸淳著『理性の深淵 カント超越論的弁証論の研究』(滝沢正之)
シュテフェン・ディーチュ著 長島隆・渋谷繁明訳『超越論哲学の次元 1780-1810』(円谷裕二)
渡邉浩一著『『純粋理性批判』の方法と原理――概念史によるカント解釈』(中澤 武)

●海外学会報告
マインツ学術会議「カントと人権」(菅沢龍文)
国際会議「実践哲学における超越論的論証」(舟場保之)
「美しい思考――バウムガルテンの時代(1714/2014)」学会報告(山根雄一郎)

日本カント協会 2014 年度会務報告
機関誌の原稿募集
日本カント協会濱田賞応募について
日本カント協会規約
日本カント協会への入会のお勧め
執筆者一覧
欧文要旨
他の書籍を検索する