『日本カント研究 No.17』の詳細情報

日本カント研究 No.17
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 日本カント研究 No.17
サブタイトル
著者 [著者区分]日本カント協会 [編集]
出版社 知泉書館 レーベル
本体価格
(予定)
2000円 シリーズ
ページ数 224p Cコード 3002
発売予定日 2016-07-30 ジャンル 専門/単行本/年鑑・雑誌
ISBN 9784862859280 判型
内容紹介
日本カント協会
日本カント研究 No.17
2016年
目次
●シンポジウム 『判断力批判』をどう読むか――〈感じる私〉の成立を巡って
シンポジウム趣意(田中美紀子)
カント『判断力批判』初期影響史(浜野喬士)
合目的性原理の意義と淵源(竹山重光)
『判断力批判』において ästhetisch とは何を意味するのか――ästhetisch に意識すること,ästhetisch な量評価,ästhetisch な理念をめぐって(小田部 胤久)

●共同討議Ⅰ Zu einigen Problemen des Verhältnisses zwischen Ding an sich und Erscheinung bei Kant
共同討議Ⅰ趣意(木阪貴行)
Eine Verteidigung der klassischen Debatte zwischen der Zwei-Aspekte- und der Zwei-Welten-Interpretation(Kiyoshi CHIBA)
Die dritte Antinomie und die Unterscheidung von Dingen an sich und Erscheinungen bei Kant(Wolfgang ERTL)

●共同討議Ⅱ カントとメンデルスゾーン
共同討議Ⅱ趣意(御子柴善之)
美は善に貢献するか?――メンデルスゾーン―レッシング往復書簡を中心に(山蔦真之)
カントとメンデルスゾーンにおける啓蒙と宗教の関係(後藤正英)
すべてを粉砕するカント―メンデルスゾーンにとってのカント「前批判期」の意義について(藤井良彦)

●公募論文
第一類推における実体と客観性(岩井拓朗)
最完全世界の唯一性をめぐって――カント『最善説試論』のヴォルフ主義的背景(佐藤恒徳)
趣味判断における快の感情の生成――「認識一般」からの捉え直し(高木 駿)

●書評
牧野英二編著『東アジアのカント哲学――日韓中台における影響作用史』(石川 求)
新川信洋著『カントの平和構想――『永遠平和のために』の新地平』(石田京子)
菊地健三著『カントと動力学の問題』(犬竹正幸)
Hall, Bryan Wesley, The Post-Critical Kant―Understanding the Critical Philosophy through the Opus postumum(下野正俊)

●海外学会報告
第9回国際フィヒテ協会大会(杉田孝夫)
第12回国際カント学会報告(福谷 茂)

日本カント協会 2015年度会務報告
機関誌の原稿募集
日本カント協会濱田賞応募について
日本カント協会規約
日本カント協会への入会のお勧め
執筆者一覧
欧文要旨
他の書籍を検索する