『施設基準適時調査マニュアル 2018年度診療報酬対応版』の詳細情報

施設基準適時調査マニュアル 2018年度診療報酬対応版
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 施設基準適時調査マニュアル 2018年度診療報酬対応版
サブタイトル
著者 [著者区分]竹田 和行 [著・文・その他]
出版社 産労総合研究所出版部経営書院 レーベル
本体価格
(予定)
28000円 シリーズ
ページ数 1000p Cコード 3047
発売予定日 2018-12-07 ジャンル 専門/単行本/医学・歯学・薬学
ISBN 9784863262669 判型 B5
内容紹介
診療報酬における施設基準は数も非常に多く、診療報酬改定のつど新設や見直しなどが頻繁に行われ、その内容はますます複雑化しています。そしてこれらのルールをいかに正しく理解して運用できるかが、病院経営を左右すると言っても過言ではありません。
本書を、現場で担当されている皆様が適地調査の対応だけでなく、施設基準のルールを正しく理解して、診療報酬の適切な取扱いを行うための資料として活用して頂ければ幸いです。
目次
発刊にあたり
本書の使い方
第1章 「基礎知識」編 ~適時調査の新しい実施方法と概要~
  調査の実施方法

1 標準的な調査の概要と実施状況
2 厚生局の担当者
3 調査担当区分
4 調査の方法
5 当日の調査の流れ
6 調査における注意点
7 施設基準適時調査に関連する法令等の一覧
8 施設基準の届出等に関する基本的事項
9 用語解説

第2章 「事前準備」編 ~適時調査の通知から事前準備まで~
  事前に提出する書類

1 実施通知例
2 基本診療料に係る書類
3 特掲診療料に係る書類
4 入院案内(入院のしおり)、組織図および平面図、掲示物の写し(写真可)
5 保険医療機関等の現況

  当日に準備する書類一式

1 入院基本料の施設基準に関する書類
2 基本診療料の施設基準等の届出要件に記載された関係書類
3 特掲診療料の施設基準等の届出要件に記載された関係書類
4 入院時食事療養の施設基準に関する書類
5 保険外併用療養費および保険外負担に関する書類

第3章 「調査実践」編 ~施設基準ごとの確認事項~
  一般事項

1 保険医療機関の現況
2 保険外併用療養費
3 保険外負担

初・再診療

1初診療
2再診療
  




基本診療料

1 入院基本料
2 入院基本料等加算
3 特定入院料
4 短期滞在手術等基本料

  特掲診療料

1 特掲診療料の告示と通知
2 医学管理等
3 在宅医療
4 検査
5 画像診断
6 投薬、注射
7 リハビリテーション
8 精神科専門療法
9 処置
10 手術、麻酔
11 放射線治療
12 病理診断

  入院時食事療養/入院生活療養

入院時食事療養(I)および入院時生活療養(I)

  参考資料(歯科編)
第4章 「結果指摘」編 ~調査結果通知後の対応方法~

1 改善報告書のつくり方
2 返還同意書
3 返還金が指摘されるもの
4 返還が指摘された事例
他の書籍を検索する