『スティーヴ・ルカサー自伝 ~福音書(ゴスペル)――時代の「音」を作った男たち ~ 』の詳細情報

スティーヴ・ルカサー自伝
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル スティーヴ・ルカサー自伝
サブタイトル 福音書(ゴスペル)――時代の「音」を作った男たち
著者 [著者区分]■スティーヴ・ルカサー [著・文・その他]
■川村まゆみ [翻訳]
出版社 DU BOOKS レーベル
本体価格
(予定)
2800円 シリーズ
ページ数 432p Cコード 0073
発売予定日 2018-11-23 ジャンル 一般/単行本/音楽・舞踊
ISBN 9784866470443 判型 A5
内容紹介
TOTO40周年記念出版!
スタジオ・ガイ、ルカサーがはじめて綴った自伝。
TOTO結成からポーカロの死、ボズ・スキャッグス、アース・ウインド&ファイアー、
マイケル・ジャクソン『スリラー』レコーディングなど……。
AOR/LAシーンの黄金時代を様々な角度から検証できる内容。

スティーヴ・ルカサーはTOTOの物語とともに、
スタジオの閉じられたドアの向こうの世界や、音楽界のレジェンドたちのユニークな創作過程を明かす。
彼の目から見たクインシー・ジョーンズ、ポール・マッカートニー、スティーヴィー・ニックス、エルトン・ジョン、マイルス・デイヴィス、ジョニ・ミッチェル、ドン・ヘンリー、ロジャー・ウォーターズ、アレサ・フランクリンの素顔に、読者は魅了されるだろう。
そして、その驚くべき物語は、アメリカン・ドリームの暗い面も描き出す。

※2019年2月来日ツアーも決定!

<目次>
最初に言っとかなきゃな……「どのパートを誰が考えたのか」だって? みんなでやったのさ!
プロローグ 音楽の黄金時代は、絶対に記録して保存しとかなきゃならない
第1章 ビートルズの天啓。いじめられまくった俺には音楽が救いだった
第2章 12歳で初めてスタジオ録音を経験。親父からの最高の贈り物はレスポール・デラックス
第3章 ポーカロ兄弟・ペイチとの出会い。スタジオ・ミュージシャンになるという夢
第4章 ハイスクール卒業。セッション・ミュージシャンの道へ
第5章 ボズ・スキャッグスのおかげで開いた扉、そしてTOTOファースト・アルバム制作へ
第6章 TOTO始動! 『宇宙の騎士』制作秘話
第7章 『宇宙の騎士』リリース。酷評の嵐だったが、300万枚売れたぜ!
第8章 『ハイドラ』『21 AT 33』『ミドル・マン』
第9章 ベイクド・ポテトで腕を磨く
第10章 俺たちスタジオ・ガイ~セッション・ワークの日々とクインシーとの出会い
第11章 背水の陣で「ロザーナ」「ホールド・ユー・バック」「アフリカ」完成!
第12章 朝、電話が鳴って、甲高い声が「ハロー」と言った。「くたばれ」と返して電話をガチャンと切った。マイケル・ジャクソンからだった。俺は『スリラー』に参加した
第13章 グラミー賞総なめ。9部門! ポール・マッカートニーと夢の競演
第14章 『フットルース』ではなく『デューン』を選んでドゥーム(破滅)した俺たち
第15章 心機一転! 『アイソレーション』完成。デヴィッド・リンチにジャケットのデザインを依頼するが…
第16章 またシンガー交代。マイルス・デイヴィスが『ファーレンハイト』でブチかましてくれたぜ!
目次
他の書籍を検索する