『数字が明かす小説の秘密 ~スティーヴン・キング、J・K・ローリングからナボコフまで ~ 』の詳細情報

数字が明かす小説の秘密
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 数字が明かす小説の秘密
サブタイトル スティーヴン・キング、J・K・ローリングからナボコフまで
著者 [著者区分]■ベン・ブラット [著・文・その他]
■坪野圭介 [翻訳]
出版社 DU BOOKS レーベル
本体価格
(予定)
2200円 シリーズ
ページ数 440p Cコード 0098
発売予定日 2018-07-13 ジャンル 一般/単行本/外国文学、その他
ISBN 9784866470658 判型 46
内容紹介
小説家は、女に<叫ばせ>、男を<にやりと笑わせる>。
作家は、小説内では異性に<キスをさせる>。
統計から見えてくるジェンダーによる偏りをはじめ、
文章のテクニックまでを検証。

ビジネスのトレンドである「統計的思考」を、
小説や文章の世界に応用した画期的な1冊!

ハーバード大学統計学部名誉教授 カール・N・モリス推薦!
本書は、偉大な作家の作品についてビックデータ的発想を与えてくれる。
そして、その洞察と統計結果は、私たち自身の文章を磨くことにも役立つだろう。

言葉と数字の世界へようこそ!
1膨大なテキストを解析して数値化。
小説にまつわるさまざまな「ルール」や「思い込み」を検証します。
2取り上げる作品も、古典文学から、ベストセラー小説、ファンフィクション(いわゆる二次創作)までさまざま。
大量のデータベースを用いながら、使われる語彙や表現を統計的に扱うことで、小説についての一般的な言説がデータによって裏切られ、また証明されます。
3作家志望の方はもちろん、小説好きのみなさんならだれでも楽しめます。

<本書で検証されるトピックの一部>
◆「副詞を多用するな」と語ったヘミングウェイは、本当に他の作家より副詞の使用頻度が低いのか?
◆男女で書き方の差に違いは出るのか?
◆小説にはジェンダーの偏りが(かなり)あった!
◆データ解析で覆面作家の正体を暴けるのか?(スティーヴン・キングと変名であるリチャード・バックマンの文章を解析してみると…)
◆一文の単語数がどんどん減少していることが判明!
◆共感覚者だったナボコフは色名を他の作家より多く使っていて、いちばん多用された色は藤色だった。
◆『ハリーポッター』のヒットで、アメリカの書き手がイギリス的表現を多用するようになった?
◆(ありきたりな)動物の直喩をいちばん使っている作家は、『チャタレイ夫人の恋』のD・H・ロレンスだった。
◆イギリスとアメリカの官能小説でもっとも差が出る単語。
◆ニューヨークとテキサスの官能小説でもっとも差が出る単語。
◆ベストセラー作家は、表紙の20%を名前が占めるようになる。…etc.

目次
まえがき 文学ミステリーを解決した確率関数
統計学による新しい文章分析
文章のさまざまな「ルール」を検証する

1章 控えめに用いなさい
副詞使用率と作品の人気の相関関係
簡潔に書いた作品ほど成功する
プロ対アマチュア

2章 彼の書き方、彼女の書き方
男女間の使用単語の差を調べてみよう
「This sentence is written by a woman」(この文は女性が書いたものである)という文は、男性が書いた確率が高…
目次
著者略歴(ベン・ブラット)
ハーバード大学応用数学専攻。作家、統計専門家。共著書に『I Don’t Care If We Never Get Back(帰れなくても気にしない)』がある。ウェブサイトはBBlat.com。Twitterのアカウントは@BenBlatt。
著者略歴(坪野圭介)
1984年生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得満期退学。専門はアメリカ文学・文化。
訳書にエミリー・アプター『翻訳地帯ーー新しい人文学の批評パラダイムにむけて』(共訳)、チップ・キッド『判断のデザイン』、デイヴィッド・シールズ他『サリンジャー』(共訳)など。
他の書籍を検索する