『チームヒューマン』の詳細情報

チームヒューマン
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル チームヒューマン
サブタイトル
著者 [著者区分]ダグラス ラシュコフ [著・文・その他]
出版社 ボイジャー レーベル
本体価格
(予定)
2700円 シリーズ
ページ数 277p Cコード 0036
発売予定日 2021-05-25 ジャンル 一般/単行本/社会
ISBN 9784866891088 判型 46
内容紹介
あらゆる技術、市場、制度は人間が作ったものであるのに、多くの場合、人間的とは逆の方向に進んでいきます。デジタル思想家であり、NPR-Oneのポッドキャスト「チームヒューマン」のホストであるダグラス・ラシュコフは、この反人間性の仕組みを明らかにします。そして、人間性を育む社会を作り直すように私たちに呼びかけます。
ラシュコフは100の警告を示し、人間を繋ぐために生み出された力が、どのようにして分断と抑圧に変わっていったかを示します。お金は交換の手段から搾取の手段に変わりました。教育は職業訓練の一部となりました。デジタル時代のテクノロジーはこの傾向をさらに増幅し、私たちの社会の自主性に最大の危機をもたらしました。仕事はロボットに任せ、関心ごとはアルゴリズムに操作され、民主主義はソーシャルメディアに侵食されています。しかし、すべてが失われたわけではありません。チーム・ヒューマンを結成して立ち向かい、手を取り合って社会的な絆を自分たち自身で作り直すときです。
『TEAM HUMAN』特設サイト:https://www.teamhuman.fm/
目次
日本の読者のみなさまへ
1章 チームヒューマン ── あなたの声が聞こえてきます
2章 社会的動物 ── 自らを社会化するために生きる
3章 嘘を学ぶ ── メディアのウイルスとは何か
4章 図形と背景 ── 主と客が入れ替わる
5章 デジタルメディア環境 ── モノ化される人間
6章 人を機械として見る ── 人が人のために決めること
7章 経済学 ── ゼロサムゲームからの脱却
8章 人工知能 ── 究極の技術 AIは人類を救うか
9章 パラドックスから畏敬の念へ ── あいまいさの受容
10章 精神性と倫理 ── 人間の「魂」とその行方
11章 自然科学 ── 科学は誰のためにある?
12章 現代ルネサンス ── 自分よりも大きな存在との共鳴
13章 組織化 ── チームヒューマンに参加する
14章 あなたは一人ではない ── 私はここにいます
編集あとがき
奥付
著者略歴(ダグラス ラシュコフ)
1961年生まれ。米国ニューヨーク州在住。第1回の「公共的な知的活動における貢献に対するニール・ポストマン賞」を受賞。『PROGRAM OR BE PROGRAMMED』(日本語版は『ネット社会を生きる10ヵ条』[ボイジャー])、『THROWING ROCKS AT THE GOOGLE BUS』、など多数執筆。『NEXT GENERATION BANK 次世代銀行は世界をこう変える』で「デジタル分散主義」という論考が翻訳されている。
著者サイト:https://rushkoff.com/
他の書籍を検索する