『AI競馬 人工知能は馬券を制することができるか?』の詳細情報

AI競馬 人工知能は馬券を制することができるか?
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル AI競馬 人工知能は馬券を制することができるか?
サブタイトル
著者 [著者区分]城崎 哲 [著・文・その他]
出版社 ガイドワークス レーベル
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 284p Cコード 0076
発売予定日 2020-09-17 ジャンル 一般/単行本/諸芸・娯楽
ISBN 9784867100110 判型 46
内容紹介
未来の競馬はこの本から始まる!

30年前、PC競馬が日本の競馬ファンの間に少しずつ浸透し始めた頃、香港では数学者を核としたコンピューター予想グループが、当時最新の統計数学を駆使して実際に競馬場で荒稼ぎしていました。それ以降日本を含む世界中の競馬の富を彼らがほぼ独占してきたことを、日本の競馬ファンは誰も知りませんでした。
しかし競馬が儲かるという事実が2013年の卍氏の事件によって白日の下に晒されると、有能なコンピューター技術者たちがこぞって競馬の世界に目を向けるようになりました。同時に急速に進歩し、使いやすくなった機械学習またはディープラーニングの技術を用いれば、かつての香港勢を上回る予想システムを個人が構築することも容易になってきました。
第一歩を踏み出すにあたって難解な数学の知識は不要です。儲かるAIとそうでないAIを分けるものは何か? 競馬AIに最適なアルゴリズムとは? 最新最強の競馬AIがどのように作られ、どれほどの精度があり、この先どこへ向かおうとしているのか?
1990年代のPC競馬ブームに深く関わった著者が、AI競馬のトップランナーたちに直撃取材しています。

序章 AIでなくても勝てる、ましてAIを使えば…
1章 Mambaの衝撃
2章 知っておくべき知識
3章 AlphaImpactの世界
4章 AIのネイティヴプレイヤー
5章 UMA牧場の秘密
6章 ハーヴィルの公式と鈴木先生
7章 異端児シュウの穴予想AI
8章 競馬というデータアナリティクス
9章 深層戦隊の逆襲
10章 新生するディープラーナー
11章 ロボットエンジニアの先見
あとがき

城崎 哲(じょうさき てつ)
1959年栃木県生。千葉大学工学部卒。日経BP社の科学技術情報誌のスタッフライター、『競馬最強の法則』編集者を経てフリーライターに。『競馬王』にて『コースの鬼!』シリーズを執筆し、競馬場・コース分析の第一人者として知られるようになる。『カリスマ装蹄師西内壮の競馬技術』(白夜書房刊)で2007年JRA賞馬事文化賞を受賞。
目次
著者略歴(城崎 哲)
城崎 哲(じょうさき てつ)
1959年栃木県生。千葉大学工学部卒。日経BP社の科学技術情報誌のスタッフライター、『競馬最強の法則』編集者を経てフリーライターに。『競馬王』にて『コースの鬼!』シリーズを執筆し、競馬場・コース分析の第一人者として知られるようになる。『カリスマ装蹄師西内壮の競馬技術』(白夜書房刊)で2007年JRA賞馬事文化賞を受賞。
他の書籍を検索する