『じゃない写真 ~現代アート化する写真表現 ~ 』の詳細情報

じゃない写真
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル じゃない写真
サブタイトル 現代アート化する写真表現
著者 [著者区分]渡部さとる [著・文・その他]
出版社 梓出版社 レーベル
本体価格
(予定)
2400円 シリーズ
ページ数 314p Cコード 0072
発売予定日 2020-01-31 ジャンル 一般/単行本/写真・工芸
ISBN 9784872627107 判型 46
内容紹介
こんなの写真じゃない!
そんな作品に出会ったとき、この本を手に取ってみてください。

最近の写真はわからない!
それって、けっこう楽しいことかも。
目次
は じ め に

コラム編 現代写真って何だ?
  1 写真の役割は終わった
  2 写真の真実性
  3 写真の「自立」
  4 コラージュとレイヤー
  5 解像度が減っていく  
  6 アンドレアス・グルスキー  
  7 空問題と遠近感  
  8 ベッヒャー夫妻  
  9 ティルマンスの壁  
  10 パスの方向性が変わった  
  11 茶の湯とアート  
  12 新しい写真の形  
  13 コンセプトは利用するもの  
  14 「今日写真は死んだ」  
  15 盗用する作家 リチャード・プリンス  
  16 「オリジナル性」を手放す  
  17 報道写真から主観写真、そしてポストモダンへ  
  18 『プロヴォーク』  
  19 主体の解体と記号の排除  
  20 横田大輔
  21 写真のマチエール 北井一夫
  22 セルフポートレート
  23 写真の地図
  24 最近の写真はよくわからない
  25 わからないものをわからないまま展示する
  26 ステートメントと助成金
  27 「閉じられた空間」と「開かれた空間」
  28 JR  
  29 バライタを踏む  
  30 オリジナルプリント  
  31 コレクターと呼ばれる存在  
  32 写真学科はどうなってしまうのか  
  33 「コダック帝国」の
  34 木村伊兵衛写真賞とフィルム  

カメラマン・写真家・作家編
  1 カメラマンの時代 1980年?  
  2 写真家の時代 2000年~  
  3 作家の時代 2007年~  

あとがきにかえて 
著者略歴(渡部さとる)
渡部さとる(わたなべ さとる)
1961 年山形県米沢市生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業後、
日刊スポーツ新聞社に入社、写真部配属。スポーツ、一般報道の
現場を経験。同社退職後、フリーランスとして、ポートレートを
中心に活動。
2006 年よりギャラリー冬青にて作家活動を本格的に開始。これま
でに5 冊の写真集を出版、またエッセイ集『旅するカメラ』(枻
出版社)はシリーズ4 作まで続いている。
毎年国内外で写真展を行ない、パリのケ・ブランリーをはじめ作
品が欧米の複数の美術館に収蔵されている。
他の書籍を検索する