『九州の戦争遺跡』の詳細情報

九州の戦争遺跡
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 九州の戦争遺跡
サブタイトル
著者 [著者区分]江浜 明徳 [著・文・その他]
出版社 海鳥社 レーベル
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 248p Cコード 0036
発売予定日 2012-08-20 ジャンル 一般/単行本/社会
ISBN 9784874158579 判型 A5
内容紹介
戦争の「生き証人」である戦争遺跡が語りかける平和の尊さと悲惨さ。九州各地127カ所に遺る戦跡を詳細な地図とともに紹介。
目次
著者略歴(江浜 明徳)
昭和25年(1950)年福岡県久留米市に生まれる。福岡教育大学卒業後、昭和49(1974)年福岡市立高等学校の社会科教諭(地理専攻)として採用される。同時に福岡市立高等学校教職員組合に加盟。主に平和教育の担当となり、教師・生徒向けの平和教育教材の作成・平和教育講演会や平和教育フィールドワークの企画実行責任者となる。その間、戦跡の調査・研究をはじめ学校での教材化、組合機関誌への連載、戦跡ガイド冊子の発行を行う。平成22(2010)年の退職後も戦跡調査をライフワークとしている。現在PP21福岡自由学校会員
他の書籍を検索する