『中国近代小説の成立と写実』の詳細情報

中国近代小説の成立と写実
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 中国近代小説の成立と写実
サブタイトル
著者 [著者区分]森岡 優紀 [著・文・その他]
出版社 京都大学学術出版会 レーベル
本体価格
(予定)
3800円 シリーズ
ページ数 Cコード 3097
発売予定日 2012-11-07 ジャンル 専門/単行本/外国文学小説
ISBN 9784876982400 判型 A5
内容紹介
日清日露戦争に衝撃を受けた中国知識人たちは、中国における意識の改造は「文学」の改造によって果たされると考えた。中国に近代小説が生まれなかったのは、思想の不在ではなく、思想を表現する形式が不在だったからである。『佳人の奇遇』『経国美談』など明治政治小説の中国語による翻訳文を詳細に分析し、中国近代小説の誕生をたどる。
目次
序 中国における近代的世界観への転換と「写実」

第一部 写実をめぐる言説の形成と変遷

第一章 伝統的小説観の転換と日本政治小説の翻訳
  一 伝統的文学観の転換
  二 『佳人之奇遇』
  三 『経国美談』
  四 「理想派」と「写実派」——啓蒙の二つのかたち
第二章 自然主義・写実主義から現実主義へ
  一 清末の文芸評論——小説と社会の相互影響関係
  二 五四時期の文芸理論——客観的描写と真実
  三 二十年代後半の西洋文芸理論の翻訳
  四 中国の文芸理論書
  五 社会主義リアリズムの受容

第三章 アンチ・リアリズムとしてのポストモダン
  一 ポストモダニズム理論の受容
  二 ポストモダニズム文学としての「先鋒派」
  三 馬原の「叙述革命」
  四 陳暁明の「写実主義」批判

第二部 翻訳からつくられる写実小説のかたち

第四章 物語と啓蒙¥文字合成——明治期科学小説の重訳
  一 魯迅の日本留学期における翻訳
  二 魯迅の科学小説の翻訳
  三 清末の科学小説の翻訳
  四 『月界旅行』
  五 『地底旅行』
  六 小説の具象性

第五章 叙述と啓蒙——『スパルタの魂』と明治期の雑誌記事
  一 幾つかの問題
  二 執筆時期
  三 明治期のギリシア史
  四 明治期の婦人雑誌、少年雑誌の記事
  五 セレーネの形象
  六 拒俄事件
  七 構成
  八 語り

第六章 小説の遠近法——『域外小説集』
  一 出版当時の状況
  二 底本
  三 翻訳方法
  四 『四日』、『謾』と『黙』
  五 魯迅の翻訳の変遷

第七章 再現される「現実」——文言小説『懐旧』
  一 近代小説形式の萌芽
  二 現実と小説の関係
  三 語り
  四 世界を対象化する視線
  五 近代精神と写実

附 小説の正統性への自覚——周作人の初期翻訳の軌跡
  一 周作人の初期の翻訳
  二 『玉虫縁』
  三 周作人の『灯台守』と呉梼の『灯台卒』
  四 正統な文学としての小説

おわりに

参考文献
後 記
人名索引
著者略歴(森岡 優紀)
神戸大学文化学研究科単位取得退学。博士(学術)。
他の書籍を検索する