『臨床実践に結びつく検査値の理解』の詳細情報

臨床実践に結びつく検査値の理解
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 臨床実践に結びつく検査値の理解
サブタイトル
著者 [著者区分]道又元裕 [監修]
出版社 総合医学社 レーベル
本体価格
(予定)
3400円 シリーズ
ページ数 170p Cコード 3047
発売予定日 2019-02-07 ジャンル 専門/単行本/医学・歯学・薬学
ISBN 9784883789245 判型 B5
内容紹介
臨床検査データに関わる基本的理解を深める一冊。
目次
Ⅰ.異常(変化)を見つける
 低栄養状態を疑う検査値
  ~検査値から見いだせ! 栄養状態!~
 全身状態の悪化を疑う一般的検査値
  ~まずはALBとPLTをチェック! 値の変化から全身状態の悪化を見抜け~
 脱水を疑う検査値
  ~「体液って難しい」を克服し,脱水をいち早く発見する!~
 敗血症の初期治療と評価基準となる検査値
  ~敗血症の評価って何をどう見ればいい?~
 感染症を疑う検査値
  ~細菌症は好中球の左方移動もみよう~
 炎症を疑う検査値
  ~炎症反応って良いやつ? 悪いやつ?~
 ガス交換障害を疑う検査値
  ~肺の中で何が起きてる? 計算式を用いて肺胞内での変化をよみとろう!~
 酸塩基平衡障害を疑う検査値
  ~酸塩基平衡障害を見つけるためのアセスメント方法を知ろう~
 出血を疑う検査値
  ~検査の意味から考えよう生体の変化とベッドサイドケアに活かすための知識~
 貧血を疑う検査値
  ~ヘモグロビン値だけみていませんか?~

Ⅱ.疾患別検査値のみかた
 ACSの検査値はここをみる
  ~ACS所見を見逃さない! 適切な評価と治療で,生命の危機から患者を守れ~
 AKIの検査値はここをみる
  ~異常のサインを見逃さないために~
 肝疾患の検査値はここをみる
  ~「沈黙の臓器」を検査値からアセスメント~
 急性胆管炎の検査値はここをみる
  ~最新ガイドラインから臨床に活かすポイントを読み解く~
 糖尿病の検査値はここをみる
  ~臨床症状と合併症を含めた観察の重要性~

コラム
 電解質異常① 意識障害とNa
  ~意識障害の原因はさまざま,頭蓋内以外にも注目する~
 電解質異常② 心不全とNa
  ~水の動き方で考えてみよう!~
 電解質異常③ 不整脈とK
  ~K濃度異常による突然の心停止,致死的不整脈を回避するために~
 電解質異常④ カルシウム濃度異常
  ~カルシウムの値をみる前に知っておきたいこと~
 電解質異常⑤ マグネシウム濃度異常
  ~気にかけて!! Mgの値~
 尿検査でわかる異常
  ~AKIを早期に発見したい! 尿中バイオマーカーの可能性~
 結核患者増加:結核検査について正しく理解する
  ~結核は身近な感染症!? 出合ったときのために~
著者略歴(道又元裕)
杏林大学医学部付属病院 看護部長
他の書籍を検索する