『あれからどうなった? マイナンバーとマイナンバーカード ~待ち受けるのはプロファイリングと選別 ~ 』の詳細情報

あれからどうなった? マイナンバーとマイナンバーカード
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル あれからどうなった? マイナンバーとマイナンバーカード
サブタイトル 待ち受けるのはプロファイリングと選別
著者 [著者区分]黑田充 [著・文・その他]
出版社 日本機関紙出版センター レーベル
本体価格
(予定)
1600円 シリーズ
ページ数 254p Cコード 0036
発売予定日 2020-11-22 ジャンル 一般/単行本/社会
ISBN 9784889009873 判型 A5
内容紹介
コロナ禍で再注目されたマイナンバーカードだが、その現状はどうなっているのだろうか。問題は「番号が漏れたら恐い」「カードを落とすと危ない」ではない。健康保険証になると持たない自由は無くなる。やがて個人情報が集められプロファイリングされ監視・選別される社会がやってくる!
目次
第1章 マイナンバー制度は失敗したのか
第2章 マイナンバー 今、どうなっている
第3章 マイナンバーカード 今、どうなっている
第4章 マイナンバー これからどうなる
第5章 マイナンバーカード これからどうなる
第6章 マイナンバーカードが健康保険証に
第7章 身分証明書としてのマイナンバーカード
第8章 今、必要なことは何か
著者略歴(黑田充)
1958年大阪市生まれ。自治体情報政策研究所代表。一般社団法人 大阪自治体問題研究所理事。元大阪経済大学非常勤講師。
大阪府立大学工学部電気工学科卒業後、松原市役所に就職し、総務、税務に携わる。1997年に退職し立命館大学大学院社会学研究科へ進学、修士号取得。
著作に、『地域・自治体運動のためのインターネット入門』(自治体研究社、2000年)、『「電子自治体」が暮らしと自治をこう変える』(自治体研究社、2002年)、『2011年、テレビが消える』(自治体研究社、2006年)、『Q&A共通番号 ここが問題』(自治体研究社、2011年)、『共通番号制度のカラクリ』(現代人文社、2012年、共著)、『マイナンバーはこんなに恐い!』(日本機関紙出版センター、2016年)、『税金は何のためにあるの』(自治体研究社、2019年、共著)などがある。
他の書籍を検索する