『陸象山文集』の詳細情報

陸象山文集
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 陸象山文集
サブタイトル
著者 [著者区分]■宇野 精一 [編集]
■福田 殖 [解説]
■鈴木 由次郎 [編集]
出版社 明徳出版社 レーベル 中国古典新書
本体価格
(予定)
2400円 シリーズ
ページ数 242p Cコード 1312
発売予定日 1972-01-10 ジャンル 教養/全書・双書/倫理(学)
ISBN 9784896192612 判型 46
内容紹介
象山は名を九淵と言い、文集は象山の没後、陸持之によって編集された。今、世界に注目される陽明学の溯源は、この陸学であったことは述べるまでもない。本書は、その主要な詩文と語録を収録。
目次
他の書籍を検索する