『画論』の詳細情報

画論
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 画論
サブタイトル
著者 [著者区分]■古原 宏伸 [解説]
■宇野 精一 [編集]
■鈴木 由次郎 [編集]
出版社 明徳出版社 レーベル 中国古典新書
本体価格
(予定)
2427円 シリーズ
ページ数 224p Cコード 1371
発売予定日 1973-01-10 ジャンル 教養/全書・双書/絵画・彫刻
ISBN 9784896192650 判型 46
内容紹介
東洋画は線の芸術とうたわれており、画論は中国絵画をあらゆる観点から論じた、唯一の画学書である。本書は、画の気韻、主張、画法論を始め、張彦遠・石濤らの人物など、歴代中国画論の粋を集成。
目次
他の書籍を検索する