『いのちを受けとめるかたち : いのちを考える いのちから考えるセミナー : 身寄りになること』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル いのちを受けとめるかたち : いのちを考える いのちから考えるセミナー : 身寄りになること
サブタイトル
著者 [著者区分]米沢 慧 [著・文・その他]
出版社 木星舎 レーベル
本体価格
(予定)
1200円 シリーズ
ページ数 110p Cコード 0036
発売予定日 2015-10-02 ジャンル 一般/単行本/社会
ISBN 9784901483797 判型 A5
内容紹介
認知症-言葉でくくられていくいのち。高齢長寿社会に出現したもう一つのいのちのステージ。対峙せざるをえないもう一つのいのちのかたち。いま、私たちはその受けとめ方を問われている。
目次
身寄りになること(「からだことば」から「いのちことば」へ
『グリム童話』「寿命」
「養生訓」の中の寿命
五官
老揺)
還りのいのちのステージ(いのちの深さ
生命の進化の過程をたどる
寄り辺なきいのち
身寄りになる)
「宅老所 よりあい」の世界(いのちの最終章
最後の余白
逝く力 看取る力
家に帰る
ぼけてもいいよ
「よりあい」に流れる時間)
他の書籍を検索する