『山は登ってみなけりゃ分からないー朝焼けをリュックにつめて』の詳細情報

山は登ってみなけりゃ分からないー朝焼けをリュックにつめて
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 山は登ってみなけりゃ分からないー朝焼けをリュックにつめて
サブタイトル
著者 [著者区分]石丸謙二郎 [著・文・その他]
出版社 敬文舎 レーベル
本体価格
(予定)
1500円 シリーズ
ページ数 256p Cコード 0095
発売予定日 2020-11-24 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784906822591 判型 46
内容紹介
「山の達人」石丸謙二郎が、軽妙でリズミカルな文章に墨絵を加えて表現した「山の発見本」。
目次
[第1章] やっぱり富士山
  阿寒富士にはコマクサが/讃岐富士 毎日登山/日本一低い山 ほか
[第2章] お世話になります
  山の日/ラスト ゴーリキ/尾瀬のボッカ ほか
[第3章] 山の自然と楽しみ
  スワッ 熊だ!/三光鳥が鳴いた/山の中のクリスマス ほか
[第4章] 山小屋で
  黒百合ヒュッテでピアノ!/山小屋の音問題/山小屋の恐竜 ほか
[第5章] へぇ〜
  白い虹/一尺八寸山/アブザイレン ほか 
[第6章] とにかく山はおもしろい
  子ヤギのう〜えで/マッターホルン挑戦/マンハッタンやるんだって?  ほか
著者略歴(石丸謙二郎)
1953年大分県生まれ。日本大学藝術学部演劇学科中退。つかこうへい事務所から、77年に舞台『いつも心に太陽を』でデビュー。俳優として活躍するかたわら、87年から『世界の車窓から』(テレビ朝日系列)のナレーションを務める。2018年より、NHKラジオにて『石丸謙二郎の山カフェ』がスタート。「カフェマスター」として出演中。
他の書籍を検索する