『タロット哲学』の詳細情報

タロット哲学
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル タロット哲学
サブタイトル
著者 [著者区分]松村 潔 [著・文・その他]
出版社 説話社 レーベル
本体価格
(予定)
6500円 シリーズ
ページ数 568p Cコード 2011
発売予定日 2020-06-27 ジャンル 実用/単行本/心理(学)
ISBN 9784906828609 判型 46
内容紹介
本書はタイトルの『西洋占星術哲学』のタロットについての姉妹編です。
 著者はタロットカード(この場合、大アルカナ「愚者」から「21世界」までの22枚を指します。小アルカナは本書では取り扱いません)を7で分割して考えることを推奨し、実践してきました。例外といえる「愚者」の除くと21枚のセットであり、それを7枚掛ける3段のレイアウトとして俯瞰的にとらえるのです。
 では、なぜ、7なのか。
 著者はプロローグでこのようにいいます。
 「22枚のうち、「愚者」を外して、21枚にすると、21は3掛ける7、7はそもそも3足す4ということで、3の数字の法則と4の数字の法則で組み立てられているという考え方ができます。すると、これは占星術でよく使われる三区分、四元素、3掛ける4で作られる12サインなどにも親近性が出てきます。
 7の数字で分割したタロットカードは、1枚ずつに、別の数字で分割した読み方とは異なる特有の意味が成り立ちますが、7の数字は七音階とか、虹の七色とか、チャクラの七つとか、七つのスペクトルから意味を連想することも可能でしょう。七音階だと思うと、このタロットカードは音楽のようなものだとイメージすることもできます」
 著者はこのタロットカードの思索を50年弱続けてきました。そして、いま、あらためてこのように思うのです。
 「ずっとこの7枚で分けていく考え方に「単純すぎるのではないか」という違和感を抱いていたので、だからこの仕組みで書いていくことにしたのです。」
 ここで「違和感」というキーワードが出てきます。
 続けて、「違和感というのは、差異性を感じているわけで、この差異性とは意欲やエネルギーを生み出します。あるものとあるものに差があると、それに触れることで、差成分はメッセージになります。ある人とある人が話をすることができるのは、この二人にちょっとした違いがあるからで、全く同じだと会話は成り立ちません。これは長年一緒にいる夫婦とか、兄弟とかがもう話などしない、ということでもわかるでしょう。」
 著者が感じる「違和感」を本書では前著(『西洋占星術哲学』)と同じく、カウント君とケスラー君が対話のキャッチボールで解き明かしていきます。
 タロットの占術やテクニック、図像解読などではなく、ただひたすらにカード1枚1枚の世界に潜り込み、真髄を求める二人の対話は、表層的ではないタロット理解の鍵となるはずです。
 二人の対話に着地点があるのかどうか、著者はエピローグでこう断言します。
 「タロットカードに関しては既に50年弱扱っています。でも、まだ飽きてなさそうな感じで、いろいろ掘り起こしてみたい意欲はまだ消えていないようです。」
 タロット精髄へのヒントが本書に秘められています。
目次
プロローグ 3
タロット哲学~対話篇~ 13
複数の正立体 14
前世ブーム 20
三角形の移動 44
左足と右足を浮かす 52
大アルカナカードは占いに使えない 60
7の数字での分類 64
九つで分類するタロットカード 68
カードの進み方 74
チャクラ対応 82
1、8、15 94
八つの球、髪の毛 102
8の点と面、双対 114
宇宙人になる 128
第三の眼 144
2、9、16 146
3、10、17 182
ミツウロコ 208
4、11、18 230
キロン 242
5、12、19 264
6、13、20 304
7、14、21 350
浮く左足 426
対話編補足 433
高い塔の男 434
輪廻の車 490
エピローグ 560
著者紹介 566
著者略歴(松村 潔)
1953年生まれ。占星術、タロットカード、絵画分析、禅の十牛図、スーフィのエニアグラム図形などの研究家。

著書に『完全マスター西洋占星術』『トランシット占星術』『ヘリオセントリック占星術』『ディグリー占星術』

『三次元占星術』『完全マスター西洋占星術・』『ボディアストロロジー』『アスペクト解釈大事典』『マンディーン占星術』

『トランスサタニアン占星術』『西洋占星術哲学』(いずれも説話社)ほか多数。
他の書籍を検索する