『武器になる言葉』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 武器になる言葉
サブタイトル
著者 [著者区分]浅川智仁 [著・文・その他]
出版社 Clover出版 レーベル
本体価格
(予定)
1200円 シリーズ
ページ数 260p Cコード 0095
発売予定日 2020-04-30 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784908033674 判型 B6変形
内容紹介
わずか数年の間に電話だけで
3億以上を売り上げた伝説のセールスマン、浅川智仁。

その伝説の原点は言葉だった。

「人生の質は、良質な言葉をいくつ知るかに比例する」

浅川氏の言葉である。

本書は、数々の伝説を残してきた浅川氏が
自らの礎となった100の言葉を厳選して、
「武器になる言葉」としてまとめた一冊。

ウォルト・ディズニー ココ・シャネル ジョン・F・ケネディ トーマス・A・エジソン ココ・シャネル 孔子 武田信玄 稲盛和夫 松下幸之助 本田宗一郎 長嶋茂雄――

数々の偉人、英雄が残した言葉。
その言葉には大きな力がある。

もっというと
先が読めない時代をサバイブするための「武器」になる。

逆境にあっても前に進むための武器にもなり、
身を守るための武器にもなる、
更に身を奮い立たせるための武器にもなる。

・くじけそうなとき。泣きたいとき。
・何もかもすべて、信じることができなくなったとき。
・先が見えないと途方に暮れるとき。
・一歩を踏み出す勇気が持てないとき。
・四面楚歌というほどに追い詰められたとき。

そんな時にこそ
本書に取り上げた言葉に触れてほしい。

同じように悩み苦しんだ著者が
読むたびに目を見開かされ、奮い立たされ、
ときにはガツンと頭を殴られたような衝撃を受けたという珠玉の名言。

東日本大震災の年、2011年に文芸社より発刊され
ベストセラーとなったた『勇気の言葉』を改題し、令和の時代に復刊。

予測が難しい新時代を生き抜く最大の武器をここに贈ります!
目次
●序――自己紹介に代えて

●本編(武器になる言葉100選)

●体験談

●出典一覧
著者略歴(浅川智仁)
1978 年山梨県生まれ。早稲田大学第二文学部思想・宗教系専修卒。
某ベンチャー企業に入社し、社長秘書としてキャリアをスタートさせる。
新規事業プロジェクトやイベント企画などに従事し、最前線でビジネスをゼロから生み出す経験を多数積む。
2006 年、当時能力開発業界最大手の株式会社エス・エス・アイへ入社。
かねてより憧れていたナポレオン・ヒル財団のインストラクターとなり、営業未経験ながら入社2 年のスピードで年間トップセールスを獲得する。
その後2009 年9 月に独立し Life Design Partners を設立した。
2010 年8 月、ジャパン・タイムズ紙が選ぶ「アジアを代表する次世代の経営者100 人~ 2010」に、営業コンサルタント及びプロコーチとしてただ一人選出。
2011 年1 月にはナポレオン・ヒル財団アジア/ 太平洋本部認定講師に選任される。
他の書籍を検索する