『クク大全』の詳細情報

クク大全
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル クク大全
サブタイトル
著者 [著者区分]黒宮 公彦 [著・文・その他]
出版社 ニューゲームズオーダー レーベル
本体価格
(予定)
3000円 シリーズ
ページ数 286p Cコード 3076
発売予定日 2015-11-21 ジャンル 専門/単行本/諸芸・娯楽
ISBN 9784908124068 判型 A5
内容紹介
15世紀の欧州に起源を持つ伝統カードゲーム「クク」の全て。あらゆる地域・時代において記述された70以上のルールを集成。さらに、この伝統ゲームの謎に包まれた発祥と伝播につき、資料と文献をあまねく蒐集し、ひとつの遊戯史を描き出す。
【各地の専用カードによるククとその仲間】クク/キッレ/グナヴ/フォーゲルシュピール/ヘクセンシュピール/スラベルヤン/スレベル・イェン/クヴィットリ。【専用カードを使った様々な遊方】クックー/ズィフリ/イドロ湖のクク/5枚キッレ/クリュップキッレ/スミュグキッレ/オーランド・キッレ/オークション・キッレ/5枚グナヴ/クリュベグナヴ/ヒュップ。【トランプゲームとしてのクク】チェイス・ジ・エース/ランター・ゴー・ラウンド/クク/アスキクール。【ククに関係するトランプゲーム】トレセッテ/テルツィッリョ/トレセッテ・ア・ピッツィキーノ/ベッローラ/スコーパ/スコーパ・ア・クィンディチ/フェムコルト/キューカンバー/グルカ/ベスティア/バンカー・アンド・ブローカー/ズィープツェーン・ウント・フィーア。
目次
はじめに 2

第一章 ククとその仲間たち 9
 1. 基本ルール 10
    ■基本用語集 12
 2. クク(日本) 14
    ■日本式クク特有のルール 20
    ■【コラム】日本式ククのヴァリアント 22
 3. クク(イタリア) 23
   3-1. クク(イタリア)Ⅰ [Bisteghi, 1753] 26
   3-2. クク(イタリア)Ⅱ [Solleone版] 30
   3-3. クク(イタリア)Ⅲ Stu [Franchi, 1991] 33
   3-4. クク(イタリア)Ⅳ Stu [2008?] 38
   3-5. クク(イタリア)Ⅴ Tuffo [Farina, 2010] 44
 4. キッレ(スウェーデン)  Kille 50
   4-1. 交換キッレⅠ Byteskille [Glimne, 1996] 52
   4-2. 交換キッレⅡ Byteskille [Werner & Sandgren, 1957] 57
   4-3. 交換キッレⅢ Byteskille [Såfia, 2003?] 61
   4-4. 交換キッレⅣ Byteskille [Bernvill, 1999?] 64
   4-5. 交換キッレⅤ Kille [Lindskog, 1847] 67
   4-6. 交換キッレⅥ Enkorts Kille [A.J.S., 1850] 70
    ■【コラム】日本式ククのヴァリアント① カードの公開の際に失格する条件を変えたもの  74
 5. グナヴ(デンマーク、ノルウェー)  Gnav 75
   5-1. グナヴ(デンマーク)Ⅰ  GNAV 79 [Ouroboros版] 77
   5-2. グナヴ(デンマーク)Ⅱ [Jørgensen, 1829] 80
   5-3. グナヴ(デンマーク)Ⅲ  [Skalk版] 85
   5-4. グナヴ(デンマーク)Ⅳ  [Priors版] 88
   5-5. グナヴ(デンマーク)Ⅴ Enkortsgnav [Politikins Forlag, 1983] 90
   5-6. グナヴ(デンマーク)Ⅵ [Kebslein, 1774] 94
   5-7. グナヴ(ノルウェー)Ⅰ [Grimsrud版] 98
   5-8. グナヴ(ノルウェー)II [N.W. Damm & Søn版] 101
   5-9. グナヴ(ドイツ) [Herrnhuter Spiele版] 104
 6. ヘクセンシュピール(ドイツ)  Hexenspiel 107
   6-1. フォーゲルシュピール Vogelspiel [Bauer, 1992] 108
   6-2. ヘクセンシュピールⅠ  [Adrian, 1905] 111
   6-3. ヘクセンシュピールⅡ  Hexelspiel [Piatnik版] 114
   6-4. ヘクセンシュピールⅢ  [Frieß, 1925] 115
   ■【コラム】グナヴ四態 116
 7. スラベルヤン(オランダ)  Slabberjan 117
   7-1. スラベルヤンⅠ  [unknown, 2005-14] 118
   7-2. スラベルヤンⅡ  [unknown] 122
   7-3. スラベルヤンⅢ  [geschiedeniszeeland.nl, unknown] 124
   7-4. スラベルヤンⅣ  [Horn, 2004] 127
   7-5. スラベルヤンⅤ  [de Waal/van der Baan, 1871] 130
   7-6. スレベル・イェン  Slebber Jen [De Navorscher, 1906] 133
 8. クク(フランス) Coucou 136
   ■【コラム】ククに描かれているもの① 139
 9. クヴィットリ  Quitli 140
   9-1. クヴィットリⅠ  Quitlok [McLeod, 1999] 141
   9-2. クヴィットリⅡ  Kvitlech [unknown, 2001?] 144
   ■【コラム】ククに描かれているもの② 146

第二章 ククのカードを使ったさまざまなゲーム 147
 1. ククのカードを使ったゲーム 150
   1-1. クックーとズィフリの基本ルール 150
   1-2. クックー Ⅰ  Cuccù [Massenghini版] 152
   1-3. クックー Ⅱ  Cuccù [Fantini & Santelia, 1997] 155
   1-4. クックー Ⅲ  Cuccu a Trionfo [Smith, 1991] 158
   1-5. クックー Ⅳ  Cucco [Cislaghi, 2005] 161
   1-6. クックー Ⅴ  Cöch [McLeod, 1997] 162
   1-7. ズィフリ    Zifuli [Smith, 1991] 164
   1-8. イドロ湖のクク Cucù del Lago d’Idro [Chizzoni, unknown] 167
 2. キッレのカードを使ったゲーム 173
   2-1. 5枚キッレ Ⅰ  Femkortkille [Glimne, 1996] 174
   2-2. 5枚キッレ Ⅱ  Femkortkille [Öberg版] 176
   2-3. 5枚キッレ Ⅲ  Femkortkille [Smith, 1991] 179
   2-4. 5枚キッレ Ⅳ  Femkortkille [Werner & Sandgren, 1957] 181
   2-5. 5枚キッレ Ⅴ  Knackkille [Såfia, unknown] 183
   2-6. 5枚キッレ Ⅵ  Femkortkille [A.J.S., 1850] 186
   2-7. クリュップキッレ Ⅰ  Krypkille [Glimne, 1996] 189
   2-8. クリュップキッレ Ⅱ  Krypkille [Smith, 1991] 191
   2-9. クリュップキッレ Ⅲ  Krypkille [Werner & Sandgren, 1957] 192
   2-10. クリュップキッレ Ⅳ  Kille [Parrow, 1998?] 193
   2-11. スミュグキッレ  Smygkille [Gllimne, 1996] 195
   2-12. オーランド・キッレ  Ålandskille [Glimne, 1996] 196
   2-13. オークション・キッレ  Auktionskille [Glimne, 1996] 198
 3. グナヴのカードを使ったゲーム 201
   3-1. 5枚グナヴ  Femkortsgnav [Politikens Forlag, 1952] 201
   3-2. クリュベグナヴ  Krybegnav [Politikens Forlag, 1952] 203
   3-3. ヒュップ  Hypp [Glimne, 1996] [Smith, 1991] 205

第三章 トランプゲームとしてのクク 207
 1. クク(トランプ) 209
   1-1. クク(トランプ) Ⅰ  Chase the Ace [Parlett, 1992/2000] 209
   1-2. クク(トランプ) Ⅱ  Ranter Go Round [Dawson, 1979] 211
   1-3. クク(トランプ) Ⅲ  Cuckoo [Scarne, 1983] 211
   1-4. クク(トランプ) Ⅳ  Kucku [Glimne, 1996] 212
   1-5. クク(トランプ) Ⅴ Cuckoo [McLeod, 1995] 212
   1-6. クク(トランプ) Ⅵ  Coucou [Depaulis, 1981] 214
   1-7. クク(トランプ) Ⅶ  Coucou [Gerver, 1977] 215
   1-8. クク(トランプ) Ⅷ  As qui court [Méry, 1847] 217
   1-9. クク(トランプ) Ⅸ  Ranter-go-round [Morehead & Mott-Smith, 1983] 218
   1-10. クク(トランプ) Ⅹ  ランター・ゴー・ラウンド [無名氏, 1915] 220
   1-11. クク(トランプ)Ⅺ  ランター・ゴー・ラウンド [関西競技優勝選手, 1921] 222
    ■【コラム】日本式ククのヴァリアント② その他のさまざまなヴァリアント  224

 2. トレセッテ  Tresette 225
   2-1. トレセッテの基本ルール 225
   2-2. トレセッテ(4人式) 226
   2-3. テルツィッリョ  Terziglio 228
   2-4. トレセッテ(2人式) 231
   2-5. トレセッテ・ア・ピッツィキーノ  Tresette a Pizzichino 232
   2-6. ベッローラ  Bellora 233
 3. その他のトランプゲーム 236
   3-1. スコーパ  Scopa 236
     ■スコーパ・ア・クィンディチ Scopa a 15 238
   3-2. フェムコルト  Femkort 238
   3-3. キューカンバー  Cucumber 240
   3-4. グルカ  Gurka 241
   3-5. ベスティア  Bestia 243
   3-6. バンカー・アンド・ブローカー  Banker and Broker 245
   3-7. ズィープツェーン・ウント・フィーア  Siebzehn und Vier 246
    ■【コラム】クク(トランプ)Ⅻ 248

第四章 クク小史 249
 1. イタリア起源説 252
 2. フランスにおけるクク〜トランプ遊びとして 253
 3. イタリアにおけるクク〜専用カードの誕生 256
 4. ククはいかにして伝わったか 261
 5. ドイツ語圏への伝播 262
 6. 北欧への伝播Ⅰ〜スウェーデン 264
 7. 北欧への伝播Ⅱ〜デンマークとノルウェー  265
 8. 北欧への伝播Ⅲ〜キッレとグナヴの関係 268
 9. オランダへの伝播 269
 10. 日本での受容 271
 11. 最後に 272

参考文献 274
著者略歴(黒宮 公彦)
1971年三重県生まれ。京都大学文学部卒業。学生時代に世界各地の伝統的なカードゲームに興味を持つようになり、以来ルールについて調べている。日本遊戯史学会会員。The International Playing Card Society 会員。海外のトランプゲームの本、およびゲーム用タロットカードとククカードのコレクター。ゲーム以外の趣味はクラシック音楽の鑑賞で、病的なモーツァルトファン。
他の書籍を検索する