『氷室冴子とその時代』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 氷室冴子とその時代
サブタイトル
著者 [著者区分]嵯峨景子 [著・文・その他]
出版社 小鳥遊書房 レーベル
本体価格
(予定)
2000円 シリーズ
ページ数 334p Cコード 0095
発売予定日 2019-09-30 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784909812162 判型 46
内容紹介
「少女小説家」としての姿だけではない、
氷室冴子の多彩な作家像、再発見。

少女小説の文脈で語られることが多かった氷室冴子を、
コバルト文庫以外の小説やエッセイを含めた
幅広い作家活動にもスポットを当て、同時代の文化・社会とともに捉え直す。
雑誌や新聞記事など貴重な資料からも見えてくる新たな氷室冴子像とは──

★本書初公開★
氷室冴子が学生時代に執筆した少女マンガ論「少女マンガの可能性」の手書き原稿収録!
目次
第1章 氷室冴子以前 書物と少女マンガの揺籃期
第2章 作家デビューから『クララ白書』まで
第3章 マンガ原作の仕事と初連載『雑居時代』
第4章 1983 年・84 年にみる多様な作品群
第5章 『なんて素敵にジャパネスク』と少女小説ブーム
第6章 男の子の行方 氷室冴子の少年主人公小説
第7章 少女小説から離れて 
    ──エッセイと一般小説の仕事
第8章 『海がきこえる』
第9章 古代への情熱 『銀の海 金の大地』
第10 章 氷室冴子は終わらない 
    ──90 年代後半以降から
著者略歴(嵯峨景子)
1979 年生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。現在明治学院大学非常勤講師、文化学園大学文化ファッション研究機構共同研究員。主著『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』(彩流社)は多くの反響を呼び、少女小説の専門家として多方面で講演・執筆している。共著に『カワイイ! 少女お手紙道具のデザイン』(芸術新聞社、2015 年4 月)など。
他の書籍を検索する