『気功革命 秘伝奥義 集大成』の詳細情報

気功革命 秘伝奥義 集大成
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 気功革命 秘伝奥義 集大成
サブタイトル
著者 [著者区分]盛 鶴延 [著・文・その他]
出版社 KuLaScip レーベル
本体価格
(予定)
14000円 シリーズ
ページ数 304p Cコード 0011
発売予定日 2018-07-14 ジャンル 一般/単行本/心理(学)
ISBN 9784991014802 判型 46
内容紹介

ロングセラー『気功革命』シリーズ待望の最新刊。
▶中国伝統気功第一人者 盛鶴延老師の最高傑作 全ての秘伝奥義が、この一冊に。
▶73歳を迎えた著者が、自身の集大成として、お世話になった日本の皆様、そして今後気功文化を引き継いでいく方々に感謝をこめて、今まで書籍でも、教室でも語ってこなった気功の奥義を伝授。
▶ 全て書き下ろし、撮り下ろし。
▶盛鶴延老師自ら出演・解説した秘伝奥義DVD2枚組付。
目次
はじめに
本書に出てくる気功の言葉
第1章 気功について
第2章 気功の5つの入り口
 1つ目の入り口 甩手
 ・甩手1(瀉法)
 ・甩手2(補法)
 ・甩手3(平補平瀉)
 【甩手の奥義】

 2つ目の入り口 動功
 ・五行功
 ・大乗金剛功
 ・月と太陽の気功法
 ・香り気功
 ・鶴気功
 【動功の奥義】
 ・気功秘話 阿修羅像について

 3つ目の入り口 站桩功
 ・三円式站桩功
 ・一指禅
 ・太陽功
 【站桩功の奥義】

 4つ目の入り口 自発動功
 ・気功秘話 手印

 5つ目の入り口 静功(瞑想法)
 ・周天呼吸法
 ・瓢簞功
 ・炭火功
 ・丹田呼吸法(真気運行法)
 ・密教気功法
 ・自然功(睡功)
 ・採気法
 ・六訣法
 ・丹頭大法
 【静功(瞑想法)の奥義】
 ・気功秘話 丹田とは

第三章 神筆功
第4章 樹林気功
 ・ 気功秘話 ゼロ磁場
第5章 房中術
第6章 特別な気功の技術について《気功師を目指す方に》
 ・外気診断(神掌)
 【外気診断(神掌)の奥義】
 ・望気術(オーラ診断)
 ・品字観
 【望気術(オーラ診断)の奥義】
 ・気功秘話 望気術(オーラ診断)
 ・気功秘話 人相・骨相
 ・気功秘話 老人母当初未生前
 ・一文字診断
 ・気功導引術
 ・灌頂
 ・気功秘話 偏差(副作用)について
 ・気功秘話 自己流について
 ・〝気〟に関する32の言葉

第7章 気功に関する質疑応答
おわりに
盛鶴延 後継者選の言葉
あとがき
著者略歴(盛 鶴延)
1945年、中国・上海生まれ。
5歳の頃より少林カンフーを行っていた祖父の影響で気功に親しみ、12歳の頃より本格的に気功を学び始める。
上海市衛生学校医士班卒業後、上海市精神衛生センターで精神科医(西洋医学)として16年間勤務する。医師在職中に、上海第一医学院華山医院脳内科と上海市華東師範大学心理系にて研修する。
1980年よりWHO衛生教育医学新聞社にて『上海大衆衛生報』の編集委員・記者として7年間勤務。その時、中国各地の気功名人を取材、流派を超越した気功を学ぶ。1983年に上海市気功科学研究会に入会。
気功師として注目を浴びるようになったのは1984年、上海市体育館に3000人を集めて行った書道気功「神筆功」の実演以来。その時の模様は上海市テレビ局と上海市気功科学研究会の連合で生放送され、以後何度も中国全土で再放送される。1985年には公式行事、日中青年聯歓会で書道気功の実演をたびたび行う。
1987年8月、日本の医療関係者の招きで、書道気功実演のため来日。秘伝気功を教える。1989年10月、日本人女性と結婚。1997年…
他の書籍を検索する