『弾道弾』の詳細情報

弾道弾
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 弾道弾
サブタイトル
著者 [著者区分]多田 将 [著・文・その他]
出版社 明幸堂 レーベル 兵器の科学
本体価格
(予定)
2700円 シリーズ
ページ数 360p Cコード 0040
発売予定日 2020-11-22 ジャンル 一般/単行本/自然科学総記
ISBN 9784991034831 判型 46
内容紹介
兵器の精緻なメカニズムを紐解くシリーズ「兵器の科学」第一弾

人類史上最強の兵器「弾道弾」の全貌を
日本で初めて、定量的・科学的に解説!


第1章 弾道弾とは
弾道弾の分類、兵器としての位置づけなど、基本的な事柄について学ぶ

第2章 軌道
弾道弾が描く軌道の具体的な計算を通じて、その基本的な性能を理解する

第3章 推進方法
弾道弾を加速し軌道に乗せるための推進方法について学ぶ

第4章 発射と再突入
弾道弾の各種発射方法と、大気圏への弾頭の再突入について計算を通じて理解する

第5章 弾道弾防御
日本でも導入を巡って議論となった弾道弾防御システムと、それを用いて極超音速滑空体をどう迎え撃つのかについて考える
目次
『兵器の科学』シリーズ刊行にあたりまして
はじめに

第1章 弾道弾とは
戦略兵器と戦術兵器
弾道弾と爆撃機
弾道弾の位置づけ
ロケットとミサイル
弾道弾と巡航ミサイル

第2章 軌道
空はなぜ落ちてこないのか
ケプラーの法則
衛星の軌道
弾道弾の軌道
発射角
発射速度
最高高度
到達時間
最小エネルギーでない軌道

第3章 推進方法
弾道弾はどうやって前に進むのか
弾道弾の構造
推進についての諸量
液体燃料と固体燃料の比較
液体推進剤
固体推進剤
ロケットモーター
ロケットエンジン
ノズル
誘導
弾道弾の航法
姿勢の制御

第4章 発射と再突入
サイロ
コールド・ローンチ
潜水艦からの発射
車輌からの発射
鉄道からの発射
発射手順
弾頭の切り離し
分割弾頭
再突入
機動式弾頭
極超音速滑空体

第5章 弾道弾防御
弾道弾の行程のまとめ
弾道弾の迎撃
ブースト・フェイズでの迎撃
ミッドコース・フェイズでの迎撃
ターミナル・フェイズでの迎撃
早期警戒衛星
早期警戒レーダー
迎撃の仕組み
弾道弾防御を突破する方法
ディプレスト軌道とロフテッド軌道
滑空体
制御機器の防護
南回り軌道

推薦図書
おわりに
附録
著者略歴(多田 将)
京都大学理学研究科博士課程修了。理学博士。高エネルギー加速器研究機構・素粒子原子核研究所、准教授。著書に『すごい実験』『すごい宇宙講義』『宇宙のはじまり』『ミリタリーテクノロジーの物理学<核兵器>』『ニュートリノ』(以上イースト・プレス)、『放射線について考えよう。』『核兵器』(以上明幸堂)がある。
他の書籍を検索する